トップ > 組織から探す > 農政部 > 販売・輸出支援課

ここから本文です。

販売・輸出支援課

「おいしい未来へ やまなし」ロゴマークの活用における補助金の案内について

「令和3年度 やまなしジビエ料理コンテスト」全応募レシピ一覧を掲載しました!

飲食業者や食品関連業者等とのマッチングを希望する生産者等の募集について(令和4年1月27日更新)

「バイ・ふじのくに山梨物産市inしずおか」が開催されました!

「バイ・ふじのくに」~買って繋がる”ふじのくに”~

新たな農畜水産物ブランド「おいしい未来へ やまなし」について

山梨県産食材を利用しましょう。

4パーミル・イニシアチブ農産物について

駐日大使等への山梨県産農畜水産物プロモーションを実施しました!

CSF(豚熱)は人に感染しません!

お知らせ

更新履歴

メニュー

業務分掌・所属一覧

担当ページリスト

リンク集

 新たな農畜水産物ブランド「おいしい未来へ やまなし」について

農畜水産物ブランド「おいしい未来へ やまなし」の紹介

山梨県では、新たな農畜水産物ブランド「おいしい未来へ やまなし」を立ち上げました。

おいしい未来へ やまなし特設ページへのリンク

 

このブランドは、消費者の皆さまに、山梨県で生産された「ブドウ」や「モモ」、「富士の介」、「甲州牛」等の優れた品質の農畜水産物や地球温暖化の抑制に寄与する「4パーミル・イニシアチブ」といった、農業分野からSDGsの実現に向けた取り組み等、本県ならではの先進的で特徴ある取り組みにより生産された農畜水産物を多くの人に知っていただくためのものです。

このロゴマークのある農畜水産物は、その特徴的な取り組みや品質によりロゴマークの使用を認められたものですので、ぜひ、ご賞味ください。

また、当該農畜水産物は、ふるさと納税の返礼品とする予定です。

 

orange

 

  waterpurplegoldpinkblackgreen

 ロゴマークの使用について

 このロゴマークは、農畜水産物ブランド「おいしい未来へ やまなし」(以下「やまなしブランド」とします。)のイメージアップにつなげることを目的として、次に掲げるもののために使用できます。(他の目的に使用できません。)

  • やまなしブランドの出荷又は販売並びに飲食の提供において使用するとき。
  • やまなしブランドの販売促進活動に使用するとき。
  • やまなしブランドの広報に使用するとき。
  • その他、知事が認めたもの。

  なお、ロゴマークの使用者に対しては、次のメリットがあります。

  • 県が行うプロモーションにおいて、ロゴマーク使用品を採用する場合があること
  • 今後制作する「おいしい未来へ やまなし」の特設ホームページでの紹介
  • ふるさと納税の返礼品としての取り扱い
  • 各種事業やイベントへの参加に係る情報提供
  • その他、様々なプロモーションや情報提供を行っていきます。
 生産者や農協、小売店等の方で、ロゴマークを使用したい方は、次のURLから申し込んでください。
 リンク
 ふるさと納税の返礼品として扱ってほしい生産者や生産法人等の方は、申し込み(届出)時に所定の記入欄にその旨記入してください。
 「おいしい未来へ やまなし」は、今後ふるさと納税の返礼品としての取り扱いを増やしていく予定です。

 返礼品一覧(PDF:115KB) (令和3年8月23日現在 23件)

 

 ロゴマークの申請をしていただいた生産者や生産法人等の方でECサイトをお持ちの方は、ご希望であれば「おいしい未来へ やまなし」特設ホームページや下記一覧でご紹介します。 

 ECサイト一覧(PDF:76KB)

 

  ロゴマークの活用における補助金の案内について

 届出者が対象農畜水産物の販売資材に印字する際に補助する制度があります。補助金の内容については要綱及び要領をご覧いただき、詳細や不明な点などについては、ご連絡ください。

 

補助金交付要綱(PDF:448KB)

補助金交付要領(PDF:85KB)

oishiimirai_logo_hojyo_chirashi(PDF:923KB)

補助金の概要(チラシ)(PDF:923KB)

問い合わせ先:山梨県農政部販売・輸出支援課
ブランド化推進担当
TEL 055-223-1602

 山梨県産食材を利用しましょう。

 

新型コロナウイルス感染症の影響で様々な生産者や事業者が売り上げ減少に見舞われております。

そのような業者を支援するため、県民の皆様、宿泊事業者の皆様、飲食店の皆様におかれましては、

ぜひ県産品や県内事業者の積極的なご利用をお願いいたします。

県産食材

 

  県産食材の消費拡大に向け新たな取り組みを始めています!

 ECサイト「食べチョク」内に、山梨県産品ポータルサイトを開設

 山梨県では、本年度のやまなし食材消費拡大推進事業の一環として、産直通販サイト「食べチョク」内に山梨県産品ポータルサイトを開設し、県産農畜水産物等の消費拡大及び山梨ファンづくりを推進する取り組みを実施しております。
   現在、本事業について、「食べチョク」ポータルサイトへ県産農畜水産物等を出品していただける事業者様を募集しております。
事業として生産を行っている方で、山梨県内で生産されたものであること、各生産物についての「食べチョク基準」を満たすものであれば、随時出品者登録が可能です。ぜひふるってご参加下さい。

   ~石渡パティシエ&野田シェフ考案 県産食材を使用したレシピが公開中です!~

 山梨県×「食べチョク」による連携企画として、山梨県産食材を使用した二つのレシピを二名のシェフに開発していただきました。
   各コラボメニューはシェフのレストラン等でも提供されるほか(一部期間限定)、レシピ動画が「食べチョク」山梨県ポータルサイトおよび山梨県ホームページにて公開中です。
   また、コラボメニューをシェフから直接教わりながら作ることができるオンライン料理教室が開催予定です。こちらの料理教室は「食べチョク」にて各コラボメニューの「料理教室付き食材セット(数量限定)」をご購入いただいた方がご参加いただけます。
   詳細は「食べチョク」山梨県ポータルサイト内にて公開中となっておりますので、ぜひご確認ください。


→「食べチョク」山梨県ポータルサイト

   
「山梨県産桃とワインのピーチメルバ風パフェ」
Pâtisserie Plaisiraile / 石渡未来パティシエール
レシピは→クリエイティブ・コモンズ表示4.0国際ライセンスこちら(PDF:1,496KB)

「和のハーブ薫る富士の介の紙包み焼き」
Hitotsu / 野田一寿シェフ
レシピは→クリエイティブ・コモンズ表示4.0国際ライセンスこちら(PDF:1,012KB)


 ~イタリアンの川越達也シェフ×山梨県産食材のコラボレシピ開発~

   やまなし食材消費拡大推進事業の一環として、イタリアンの川越達也シェフに、山梨県産食材をふんだんに使用したコラボレシピ「やまなしナポリタン」「やまなしペペロンチーノ」を考案していただきました!

 ご家庭でもお気軽にお楽しみいただけるよう、レシピおよび調理方法の動画が下記にて公開中です。

川越シェフ考案「やまなしナポリタン」
レシピは→クリエイティブ・コモンズ表示4.0国際ライセンスこちら(PDF:82KB)

川越シェフ考案「やまなしペペロンチーノ」
レシピはクリエイティブ・コモンズ表示4.0国際ライセンスこちら(PDF:374KB)

 

「やまなしデイ」~"やまなしファン"育成のための取り組みが実施されました~

 山梨県では、県外への販路を開拓するため、県外の学校の給食等で山梨県産農畜産物を利用する「やまなしデイ」を設定していただき、山梨県産食材を用いた給食を提供することにより山梨県の食材の魅力を伝え、「やまなしファン」を育成する取り組みを推進しています。

 今回、早川町の交流都市である東京都品川区の区立清水台小学校で、令和4年2月18日(金曜日)と21日(月曜日)の2日間に「やまなしデイ」が設定され、町産の味噌・こんにゃくなどを使った給食の提供と、web会議システムを用いたオンライン食育授業が実施されました。

 ○詳しくはこちら○

  4パーミル・イニシアチブ農産物について

  4パーミル・イニシアチブ農産物について

 

 山梨県は、令和2年4月に都道府県として初めて、4パーミル・イニシアチブ(土壌中の炭素貯留により大気中の二酸化炭素濃度を低減し、地球温暖化を抑制する国際的取り組み)に参画し、ブドウやモモの果樹園等で発生する剪定枝を炭にして土壌中に貯留する手法等、果樹王国やまなしとしての取り組みを行っています。

 こうした中で、取組みを行って生産されたブドウやモモ等の農産物を「4パーミル・イニシアチブ」としてブランド化につなげることを計画しています。

 

山梨県制作 4パーミル・イニシアチブアニメーション動画

概要版

 

詳細版

 

4パーミル・イニシアチブの仕組みや本県の取り組みについて(PDF:314KB)

 

4パーミル・イニシアチブとは

  •  土壌中の炭素貯留により大気中の二酸化炭素濃度を低減し、地球温暖化を抑制する国際的取り組みです。
  •  世界の土壌表層の炭素量を年間4パーミル(※)増加させることができれば、人間の経済活動等によって増加する大気中の二酸化炭素の増加を実質ゼロにすることができるという考え方に基づく取り組みです。
  •  2015年のCOP21(国連気象変動枠組条約締結国会議)においてフランス政府が主導で提唱し、2020年12月現在、日本国を含む566の国や国際機関が参画し、国内の都道府県では山梨県が2020年4月にはじめて参加しました。
    4パーミル:パーミル(‰)は千分率の単位で、4パーミルは1000分の4、パーセント(%)では0.4%に相当します。

  4p

山梨県の4パーミル・イニシアチブロゴマーク

(商標登録 第6444093号)

ロゴマークの使用について

 このロゴマークは、4パーミル・イニシアチブ認証農産物等(以下「認証農産物等」とします。)のイメージアップにつなげることを目的として、次に掲げるもののために使用できます。(他の目的に使用できません。)

  • 認証農産物等の出荷又は販売並びに飲食の提供において使用するとき。
  • 認証農産物等の販売促進活動に使用するとき。
  • 実施要領第6に基づき認証通知を受けた者が認証された取り組みの紹介、PR
    等に使用するとき。
  • 認証農産物等の広報に使用するとき。
  • その他、知事が認めたもの。
 生産者や農協、小売業等の方で、ロゴマークを使用したい方は、次のURLから申し込んでください。
 リンク

 

飲食業者や食品関連業者等とのマッチングを希望する生産者等の募集について

 山梨県内には環境保全型農業の考えに基づいて栽培された野菜、伝統野菜及び希少性のある野菜など、少量であるものの非常に珍しい農産物が生産されています。

 県内生産者の販路拡大の機会を創出するため、このような農産物を使用したいと考えている県内外の飲食業者や食品関連業者等とマッチングを希望する生産者の情報をとりまとめ山梨県ホームページで紹介するとともに、問い合わせのあった事業者等へ情報を提供することを目的とし、次のとおり募集します。

マッチングを希望される生産者の募集 

 応募用紙に必要事項を記入のうえ、下記の提出先へ郵送又は電子メールにて送付若しくは持参してください。

応募要件

 本県の伝統野菜、希少性のある野菜等の農産物を生産し、県内外の飲食業者や食品関連業者等とのマッチングを希望する生産者で次の要件を全て満たす者とします。

  1. 県内に在住又は事業所若しくは事務所を置く者であること。
  2. 環境保全型農業の考えに基づいて栽培された野菜、伝統野菜又は希少性のある野菜並びに穀物若しくは果物等の特徴ある農産物を生産等していること。
  3. 県内で生産等された農産物であること。
  4. 自らが生産等を行っていること。
  5. 山梨県暴力団排除条例(平成23年4月1日施行)第9条に基づく「山梨県の事務事業から暴力団を排除する措置のための指針」2-(4)に規定する暴力団等ではないこと。

提出先・連絡先

 山梨県 農政部 販売・輸出支援課

 電話:055-223-1603

 Eメール:nou-han@pref.yamanashi.lg.jp

注意事項

  • 応募用紙の提出にかかる費用は、全て応募者の負担とします。
  • 提出された応募用紙は一切返却いたしません。
  • 応募者の氏名、住所等の個人情報は、募集に関連する用途に限って使用します。
  • 応募用紙に記載された情報は取りまとめ後、山梨県ホームページに掲載します。
  • 応募用紙の内容について、県の担当者から記載内容の確認、追加の情報提供等を依頼させていただく場合があります。
  • 応募用紙の内容を確認し、目的に適さない又は応募要件を満たさないことが明らかとなった場合は、山梨県ホームページの掲載から削除する場合があります。
  • 応募用紙に記載された情報に変更があった場合は、速やかに御連絡ください。
  • 募集の条件に同意し、山梨県ホームページに情報を掲載することを了承される方については、必ず応募用紙下段にある「□」を「■」又は「レ」でマークし、応募用紙を御提出願います(マークがない場合は、山梨県ホームページへの掲載はいたしませんので、予め御了承願います。)。

 

令和4年度やまなしの花新商品等需要調査事業市場商談会出展者の募集について

 山梨県では、日本一の日照時間や夏期冷涼な高冷地等の恵まれた気象条件、大消費地に近い立地条件等を生かし、洋ラン、シクラメン、バラ、花壇苗等が生産されています。

 県内花き生産者等の販路拡大の機会を創出するため、花きのバイヤー、流通関係者等が一同に集まる、国内2大消費地(東京都:フラワーオークションジャパン(FAJ)、愛知県:豊明花き)で開催される市場商談会へ出展する花き生産者等を支援します。

市場商談会に出展を希望する生産者等の募集

応募用紙に必要事項を記入のうえ、下記の提出先に郵送、電子メール又はFAXにて送付若しくは持参してください。

募集要項(PDF:429KB)

応募用紙(エクセル:27KB)

山梨県の事務事業から暴力団を排除する措置のための指針(PDF:448KB)

応募要件

 応募の対象者は県内において花き等を生産する者又は生産者で構成されるグループ等とし、次の要件を全て満たす者とします。

 また、応募者1件につき原則1ブースの応募とします。

 1.県内に在住又は事業所若しくは事務所を置く者であること。

 2.県内で生産された花き、樹木及びその加工品で商談ができること。

 3.自らが生産又は加工を行っていること。

 4.市場商談会終了後、商談件数・商談内容等の報告、事業報告会への出席ができること。

 5.山梨県暴力団排除条例(平成23年4月1日施行)第9条に基づく「山梨県の事務事業から暴力団を排除する

   措置のための指針」2-(4)に規定する暴力団等ではないこと。

提出先・連絡先

山梨県 農政部 販売・輸出支援課

電話:055-223-1603 FAX:055-223-1599

Eメール:nou-han@pref.yamanashi.lg.jp

注意事項

  • 出展ブースは県が借り上げますが、各商談会への申し込みは出展者に行っていただきます。
  • 出展者は出展ブースの装飾費用、備品等のリース料、商品等の搬入・搬出に要する費用、交通費、宿泊費等の経費を負担して頂きます。
  • 応募用紙の提出にかかる費用は、全て応募者の負担とします。
  • 提出された応募用紙は一切返却いたしません。
  • 応募者の氏名、住所等の個人情報は、募集に関連する用途に限って使用します。
  • 応募用紙の内容について、県の担当者から記載内容の確認、追加の情報提供等を依頼させていただく場合があります。
  • 応募用紙の内容を確認し、目的に適さない又は応募要件を満たさないことが明らかとなった場合は、応募を取り消しさせていただく場合があります。
  • 応募用紙に記載された情報に変更があった場合は、速やかに御連絡ください。

 

CSF(豚熱)は人に感染しません!

 令和3年8月6日(金曜日)に山梨県内農場においてCSF(豚熱)の発生が確認されました。

 CSFは、豚・イノシシの病気であり、人には感染しません。また、市場に出回っている豚肉は、と畜場法に基づき、異常や疾病がないか全頭検査を行い、合格したものだけが市場に流通することとなっています。

 現在、市場に流通している豚肉は安全・安心な豚肉ですので、引き続き積極的な消費をお願いします!

 

 chirashigazou

(出展:公益財団法人 日本食肉消費総合センター) 

SNSによる海外への情報発信

山梨県産果実の輸出拡大に向けて、香港、台湾、中国、シンガポール、タイ、マレーシア、UAEでSNSによる情報発信をしています。

「山梨県産果実の輸出拡大に向けた基本的な戦略」に基づく輸出商流の構築

価格競争に陥らずに山梨県産果実(主にもも・ぶどう)の輸出を拡大していくためには、現地市場において品質と価格のバランスを高位置に保った魅力的な商品としての認知を得ることが必要不可欠です。

県ではこれに向けて、「山梨県産果実の輸出拡大に向けた基本的な戦略」に基づき、新しい社会情勢に適合した効果的なプロモーションを実施しながら、中長期的視点で山梨県産果実を消費者へ届ける成功モデルとなる輸出商流の構築に取り組み、ブランド価値向上によって市場環境の変化にも負けない足腰の強い競争力を身につけ、安定的成長軌道を実現することを目指しています。

こうした輸出商流構築の取り組みにご興味をお持ちいただいた県内の生産者の皆様は、是非、当課へお問い合わせください。

 駐日大使等への山梨県産農畜水産物プロモーションを実施しました!

山梨県では、県産農産物等の輸出を促進していくため、母国に対して大きな影響力が期待される駐日大使を本県に招請し、県産食材を使った創作料理等で山梨県の魅力をPRしました。

→当日の様子はこちらのページをご覧ください

yamanashipr3yamanashipr8

富士の国やまなしの逸品農産物認証制度

top_image2

ロゴマーク小

 

 

 

 

 

 

※富士の国やまなしの逸品農産物認証制度は令和4年3月31日をもって廃止しました。

 このため令和4年4月1日以降はうんといい山梨さんロゴマーク」を使用することができません

 

 「バイ・ふじのくに」~買って繋がる”ふじのくに”~

バイ・ふじのくにロゴ2山梨県では、新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けている地域経済を活性化させるため、山梨、静岡の旬の農畜水産物を互いに購入しあって相互に助け合う「バイ・ふじのくに」の取り組みを推進しています。詳細はこちら→「バイ・ふじのくに」の推進について

 

県内で開催された小売店等でのフェアは下記のとおりです。

 お知らせ

  • 県産果実プロモーション動画制作業務委託に係る企画提案公募について。→こちら
  • 令和4年度農産物戦略的輸出拡大業務委託に係る企画提案公募について。→こちら
  • 令和4年度「おいしい未来へ やまなし」ブランドプロモーション業務委託に係る企画提案公募について。→こちら
  • 令和3年度戦略的輸出拡大業務委託に係る企画提案公募について。→こちら
  • 「山梨県産果実の輸出拡大に向けた基本的な戦略」を策定しました。→こちら
  • 農産物直売所ガイドマップをアップしました。→こちら
  • 山梨県農産物等総合カタログのページをアップしました。→こちら
  • 補助金等の支出状況の公表について。→こちら
  • 強い農業づくり交付金交付対象事業の公表について。→こちら
  • 戦略的海外プロモーション業務委託に係る企画提案公募について。→こちら
  • やまなし食材消費拡大推進業務委託に係る企画提案公募について→こちらへ
  • 「やまなしジビエ」について→こちら
  • 「やまなしジビエフェア2022」参加者募集中。→こちらへ

 更新履歴

更新履歴一覧

 メニュー

frontpage.jpg

山梨県が認証する安全・安心で高品質な農産物や加工品を集めました。

e95y0E_guide_japanese.jpge95y0E_guide_english.jpg

山梨県内の農産物直売所のガイドマップです。

農産物3

やまなしのおいしい農産物を紹介するページです。

買う食べる

やまなしのおいしい農産物を購入できる店舗を紹介します。

 

ロゴマーク小

やまなしブランドの高品質な農産物を紹介するページです。

 

ページの先頭へ戻る

 業務分掌・所属一覧

担当 分掌事項

ブランド化推進担当

電話055-223-1602

FAX055-223-1599

 

国内販売支援担当

電話055-223-1603

FAX055-223-1599

  • 農畜水産物のブランド力の強化
  • 農畜水産物の販売支援
  • 国内におけるプロモーション活動
  • 卸売市場の開設等の許認可

海外輸出支援担当

電話055-223-1597

FAX055-223-1599

  • 農畜水産物の輸出支援
  • 海外におけるプロモーション活動
  • 検疫対策の指導・支援

 

 担当ページリスト

ブランド化推進担当・国内販売支援担当

海外輸出支援担当

 リンク集

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部販売・輸出支援課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1602   ファクス番号:055(223)1599

広告スペース

広告掲載について