ここから本文です。

耕地課

農政部耕地課は、山梨県の特色を生かした魅力ある農業と活力に満ちた農村を実現するため、農業と農村の整備を推進しています。

お知らせ

第14回やまなし農村風景写真コンクールの開催について

第14回やまなし農村風景写真コンクールを開催します。

「未来に繋ぐやまなしの農村風景」を基本テーマに、あなたが未来に繋げたいと思う農業・農村の写真、あなたの好きな農村の風景、清らかで美しい景色や旬を表現した写真を募集します。奮って、ご応募ください。

※コロナウィルス蔓延防止の観点から、写真撮影に際しまして、三密を避ける等、充分に対策を取られますようご協力の程よろしくお願いします。

 

☆概要は次のとおりですが、詳細はPDFファイルをご覧ください。

下記の応募票の必要事項を記入して作品の裏面に貼付してください。

第14回やまなし農村風景写真コンクールリーフレット(募集要項、応募票)(PDF:1,493KB)

第14回応募票(エクセル:12KB)

◇対象作品 平成29年9月1日以降に山梨県内で撮影したものとします。

◇応募資格 どなたでもご応募いただけます。ただし、暴力団関係者からの応募はできません。

本人撮影の作品であっても、他のコンテストに応募した作品もしくは応募する予定のある作品並びに類似した作品は応募できません。

これらの行為が認められた場合は授賞を取り消します。

◇規 格 カラープリント四切(254mm×305mm)またはワイド四切(254mm×365mm)で合成処理の加工をしていないものに限ります。

◇応募方法 山梨県農政部耕地課まで郵送あるいは(株)山梨フジカラー取扱写真店にお持ちいただくこともできます。

◇応募期間 令和2年10月31日(土曜日)まで(当日消印有効)

◇ 賞 山梨県知事賞1点 審査委員長賞1点 農政部長賞1点 季節賞4点 入選15点以内

※賞の決定は12月上旬頃を予定しております。

◇展示予定 防災新館(やまなしプラザ)、山梨県のイベント会場(農業・農村シンポジウム)、展示会場等に展示します。

◇問い合わせ 山梨県農政部耕地課 TEL 055-223-1627

 

たくさんの応募お待ちしております。

第12回やまなし農業・農村シンポジウム

第12回やまなし農業・農村シンポジウムが開催されました。

多くの方々にご参加いただき、誠にありがとうございました。

第12回やまなし農業・農村シンポジウム

 

特定農業用ため池の指定の告示について

農業用ため池の管理及び保全に関する法律第7条第1項の規定に基づき、特定農業ため池を指定したので、同条第3項の規定により別紙のとおり公示します。

関連資料:様式8号(特定農業用ため池の指定の公示)(PDF:75KB)

 

ため池データベースの公表について

農業用ため池の管理及び保全に関する法律第4条第3項の規定に基づき、関係市町村協力のもと、ため池データベースを整備しましたので、別紙のとおり公表します。

関連資料【別紙】ため池データベース(令和2年3月31日現在)(PDF:186KB)

 

防災重点ため池の再選定について

平成30年7月豪雨により、西日本において小規模なため池で甚大な被害が発生したことを踏まえ、国は防災重点ため池の新たな選定基準を設定しました。
これを受け、県では市町村と調整のうえ、国の選定基準に基づき防災重点ため池の再選定を行いました。

1.防災重点ため池の選定基準
・決壊した場合の浸水区域に家屋や公共施設等が存在し、人的被害を与えるおそれのあるため池
・「人的被害を与えるおそれ」に関する具体的な基準
1.ため池から100m未満の浸水区域内に家屋、公共施設等があるもの
2.ため池から100m以上500m未満の浸水区域内に家屋、公共施設等があり、かつ貯水量1,000m3以上のもの
3.ため池から500m以上の浸水区域内に家屋、公共施設等があり、かつ貯水量5,000m3以上のもの
4.上記1.~3.以外で、地形条件、家屋等との位置関係、維持管理の状況等から、都道府県又は市町村が必要と認めるもの

2.再選定したため池数
防災重点ため池数89箇所(名称及び所在地は、別紙を参照してください。)

3.今後の取り組み
今後は、効果的なため池の防災減災対策を関係市町村と連携しながら進めて参ります。

 

関連資料:【別紙】防災重点ため池の名称及び所在地(令和元年5⽉31⽇現在)(PDF:152KB)

関連リンク:農林水産省ホームページ

 

農業農村整備事業とは

農業の生産性の向上、経営の規模拡大、担い手の育成や確保等を推進し、併せて農村の生活環境整備や農地の保全と管理を推進することによって、農業農村の健全な発展を図ることを目的としています。

 

  • 農業生産基盤の整備(かんがい排水事業、畑地帯総合整備事業等)
  • 農村の整備(農道整備事業、中山間地域総合整備事業、農地環境整備事業、地域用水環境整備事業等)
  • 農地等の保全と管理(県営ため池等整備事業、農村災害対策整備事業等)
  • その他の土地改良事業(鳥獣害防除事業、特産農産物生産支援整備事業、農村地域活性化農道、果樹団地化促進支援事業、農地集積基盤整備事業等)

更新履歴

更新履歴一覧

業務分掌・所属一覧

担当 分掌事項

指導管理担当

TEL:055-223-1626(直通)

内線5408~5411

  • 土地改良事業の法手続指導
  • 土地改良区等の指導・検査
  • 土地改良財産の管理及び処分
  • 国庫補助金申請手続き等
  • やまなし農業・農村シンポジウム

技術管理担当

TEL:055-223-1627(直通)

内線5405,5413,5414

  • 工事の進行管理
  • 設計基準及び設計積算単価
  • 設計積算の電算処理及びシステム管理
  • やまなし農村風景写真コンクール

水利防災担当

TEL:055-223-1628(直通)

内線5415~5417

  • 農業用排水路及び畑地帯の整備
  • 農地防災及び災害復旧事業
  • 土地改良助成費等

農地整備担当

TEL:055-223-1629(直通)

内線5412,5418,5419

  • 農道事業・農村の総合的な整備及び水田地帯の整備
  • 集落排水事業

計画調整担当

TEL:055-223-1630

内線5420~5422

  • 県営土地改良事業の調査・計画
  • 団体営土地改良事業計画の指導及び公共事業等の評価
  • 基金事業

指導管理担当

技術管理担当

水利防災担当

農地整備担当

計画調整担当

リンク集

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部耕地課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1626   ファクス番号:055(223)1624

広告スペース

広告掲載について