トップ > 教育・子育て > 小中学校 > 資格・免許 > 教育職員免許状 > 保育士資格を有する場合の幼稚園教諭免許状取得の特例について

ここから本文です。

保育士資格を有する場合の幼稚園教諭免許状取得の特例について

幼稚園教諭免許状取得特例制度(教育職員免許法附則第18項)とは、

   保育士資格を有し、保育士等として一定の実務経験を有する方が

   通常より少ない単位数で幼稚園教諭免許状を取得できる制度です。

 

1 基礎資格

 幼稚園教諭1種免許状 〔※(1)(2)ともに満たすことが必要です。〕

 (1)学士の資格を有する

 (2)指定保育士養成施設を卒業している、または保育士試験に合格している

 幼稚園教諭2種免許状

   指定保育士養成施設を卒業している、または保育士試験に合格している

 

2 実務経験(1種・2種共通)

  次のいずれかの施設で3年以上かつ合計4,320時間以上の勤務が必要(複数施設での勤務経験の合算可)

  対象となる施設

  認定こども園 →県内の該当施設(PDF:34KB)

  認可保育所 →県内の該当施設(PDF:53KB)

  幼稚園併設型認可外保育施設(県内には該当施設がありません)

  へき地保育所 →県内の該当施設(PDF:17KB)

  「認可外指導基準」を満たす認可外保育施設 →県内の該当施設(PDF:37KB)

  幼稚園 →県内の該当施設(子育て政策課のページへリンク)

 

 

3 必要単位

必要単位は最低8単位です。2019年4月から教育職員免許法施行規則が改正され、単位の修得方法が変更となりました。

必要な科目の修得の一例として、放送大学ホームページをご参照ください。

幼稚園教諭免許状を取得できる大学等においても、特例制度に沿った講義が開講されております。

詳細については、各大学ホームページをご確認いただくか、大学へ直接お問い合わせいただくようお願いいたします。

 

※基礎資格を取得した後(=保育士資格を有した後)に修得した単位のみ使用できます。

※日本国憲法の内容(とりわけ第26条(教育を受ける権利))が取り扱われるよう留意してください。

※取り扱われていない場合は、日本国憲法の科目の修得が必要です。

 

4 申請

必要書類をそろえて、義務教育課免許助成担当に提出してください。

詳細については添付のファイルをご覧ください。→記入・提出方法(PDF:132KB)

なお、必要な様式は、下記からダウンロードできます。

検定願(PDF:236KB)

履歴書(PDF:14KB)

宣誓書(PDF:4KB)

人物に関する証明書(PDF:4KB)

実務に関する証明書(PDF:91KB)

教科に関する証明書(PDF:4KB)

身体に関する証明書(PDF:5KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会教育庁義務教育課 担当:免許助成担当
住所:〒400-8504 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1755   ファクス番号:055(223)1759

広告スペース

広告掲載について