ここから本文です。

環境科

環境科では、森林と土壌、気象、水環境の相互関係、森林管理が森林の構造、組成、機能に及ぼす影響の解明、野生鳥獣が森林に与える影響などをはじめとして、持続可能な生態的森林管理を目標として室内実験や野外調査を行っています。具体的には、以下をご覧下さい。

 森林環境税モニタリング調査

県では、森林をこれまで以上に適切に整備するために平成24年4月より森林環境税を導入しました。この財源による森林整備によって、森林の状況がどのように改善されたのかを明らかにする調査を当所で担当しています。

環境税調査

写真 森林環境税による森林整備が実施されたヒノキ人工林での調査風景

 草原の管理方法の検討

レンゲツツジの群落で有名な韮崎市の甘利山では、近年ツツジやその他の草本植物の開花の減少が問題となっています。本研究所では開花の減少の要因を明らかにし、適切な植生管理を提案するためのモニタリング調査を行っています。

植生調査の様子

写真 植生の調査の様子

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県森林環境部森林総合研究所 
住所:〒400-0502 南巨摩郡富士川町最勝寺2290-1
電話番号:0556(22)8001   ファクス番号:0556(22)8002

広告スペース

広告掲載について