トップ > 組織から探す > 森林環境部 > 山梨県森林総合研究所 > 育林・育種科 > 2015(平成27)年春のスギ花粉飛散量予測について

ここから本文です。

2015(平成27)年春のスギ花粉飛散量予測について

スギ林の雄花着花量調査結果から2015(平成27)年春のスギ花粉の飛散量を予測しました。

  1. スギ花粉の飛散量と気象条件の関係について
    • 春のスギ花粉飛散量は、前年夏の気象条件から強く影響を受けます。
    • 日照時間が長く、気温が高い年は、スギ雄花の形成が多くなり、翌年春の花粉飛散量が多くなります。また飛散の少なかった年の翌年春も、花粉の飛散量が増加する傾向にあります。
  2. 2014(平成26)年夏の気象条件と春の飛散量について
    • 2014(平成26)年の夏は、スギの雄花形成が多くなる気象条件(日照時間が長く、気温が高い)でした。また春は、例年と比べてスギ花粉飛散量は少量でした。
  3. スギ花粉飛散予測について
    • スギ林での雄花着花量調査からも、多くのスギ雄花が着花していました。2015(平成27)年春のスギ花粉の飛散量は、昨年の3倍以上になると予測されます。
  4. 花粉症の予防対策について
  5. 今後の予定
     ヒノキ花粉の飛散量についても3月上旬頃に発表する予定です。

 

スギ花粉の様子 スギの雄花1
スギ花粉が飛散する様子 スギの雄花
スギの雄花2  
スギの雄花(拡大)  

このページに関するお問い合わせ先

山梨県森林環境部森林総合研究所 
住所:〒400-0502 南巨摩郡富士川町最勝寺2290-1
電話番号:0556(22)8001   ファクス番号:0556(22)8002

広告スペース

広告掲載について