ここから本文です。

たばこ対策について

5月31日は世界禁煙デーです

WHO(世界保健機関)では、平成元年に毎年5月31日を『世界禁煙デー』とし、これを受けて厚生労働省は平成4年から世界禁煙デーに始まる一週間を『禁煙週間』と定めました。

  • 世界禁煙デー5月31日
  • 禁煙週間5月31日から6月6日

 

たばこの煙には、200以上の有害物質が含まれています。「タール」「ニコチン」「一酸化炭素」が代表的なもので、発がん性やニコチン依存症があり、からだを酸欠状態にするなどの健康問題をおこします。

また、吸っている本人だけでなく、受動喫煙により周囲の人の健康にも様々な影響を与えます。

長期間たばこの煙を吸うことで、「がん」「狭心症・心筋梗塞」「慢性閉塞性肺疾患」「呼吸器障害」「歯周病」「白内障」「胃腸障害」などの病気になりやすくなります。その他、肌あれ・シミ・そばかす、学習能力が下がる、運動能力が落ちて走れなくなるなどの影響があります。

 

 

ご家族など周囲の人の健康のためにも、そしてご自身の健康のためにも、この機会に、禁煙にチャレンジしてみませんか?

 

たばこの煙のない社会について考えてみましょう。

みんなで取り組もう!受動喫煙防止!!

11月9日~15日は『山梨禁煙週間』です

山梨県では、11月9日から15日までの一週間を、県独自の禁煙週間『山梨禁煙週間』としています。

禁煙支援について

たばこは「吸っている人も吸わない人も被害者」と言われるように、たばこは生活習慣病を発症させる大きなリスクであり、妊娠中の女性が喫煙することは胎児にも影響があります。また、受動喫煙による健康被害も深刻です。山梨県では「健やか山梨21(第2次)」において、たばこ対策を実施しています。たばこをやめたい人には禁煙支援(治療)が有効であることから、禁煙支援(治療)を行っている医療機関に相談する事をおすすめします。

 

禁煙治療について

 

 

 

禁煙サポート薬局・薬店

山梨県では、たばこのことについて相談できる「禁煙サポート薬局・薬店」を登録しています。

健康づくりのための、身近な相談窓口としてご利用ください。

 

 

禁煙サポート薬局・薬店一覧(PDF:95KB)

 

 

参考サイト

厚生労働省『最新たばこ情報』へのリンク

健康増進課ホームページ『たばこ対策』

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部富士・東部保健福祉事務所(富士・東部保健所) 
住所:〒403-0005 富士吉田市上吉田1丁目2-5富士吉田合同庁舎 1 階・ 2 階
電話番号:0555(24)9032   ファクス番号:0555(24)9037

広告スペース

広告掲載について