トップ > 組織から探す > 農政部 > 農政総務課 > 農業セーフティーネット

ここから本文です。

農業セーフティーネットについて

 農業経営にあった制度を選んで加入しましょう。

 ~ 山梨県は、頑張る農家の皆さんを応援します! ~

  ・リーフレット(PDF:893KB)
  ・ポスター(PDF:2,006KB)   

農業経営をサポートします。

 収入保険制度 (※新制度) 平成311月からスタートしました。

対象の品目を限定せず、自然災害だけではなく、価格低下なども含めた農業収入減少をサポートします。

青色申告を行っている農業者(個人・法人)が対象です。当年の収入が基準収入の一定割合(保障限度:上限90%)を下回った場合に「掛け捨ての保険方式」「掛け捨てにならない積立方式」を組み合わせて、下回った分の一定割合(支払率:上限90%)を補てんします。

    農業共済制度

自然災害等により作物・果樹・家畜・園芸施設に損害が生じた場合の減収、損害を補てんします。

価格が下落した時に備えて(※印は上記「収入保険制度」と重複できません)

野菜 ※

野菜価格安定制度

野菜の価格が一定の価格水準以下に低落した場合に、一定の価格差を補てんします。

水稲 ※

 米・畑作物の収入減少影響緩和対策交付金(ナラシ対策)

  • 関東農政局(外部リンク) TEL:055-254-6016(山梨支局)

米、麦、大豆等の収入額が標準的収入額を下回った場合に、一定額を補てんします。

(参照)経営所得安定対策等のパンフレット 

家畜 ※

 肉用子牛生産者補給金制度、肉用牛繁殖経営支援事業

  • (公社)山梨県畜産協会 TEL:055-222-4004

肉用子牛の価格が低落した場合に、一定の補給金等を交付します。

 畜産物価格保障制度(肉牛価格差補填事業)

  • (公社)山梨県畜産協会 TEL:055-222-4004

肉牛の価格が基準価格を下回った場合に、価格差を補てんします。

 肉用牛肥育経営安定特別対策事業(牛マルキン)

  • (公社)山梨県畜産協会 TEL:055-222-4004

肉用牛経営の収益性が悪化した時に、粗収益と生産費の価格差を補てんします。

 養豚経営安定対策事業(豚マルキン)

   豚枝肉価格が補償基準価格を下回った場合に、差額の8割を補てんします。

 鶏卵生産者経営安定対策事業

鶏卵価格の変動により生ずる鶏卵生産者の損失を補てんします。

天災等により被害を受けたら

災害復旧事業

  • 各市町村

天災等により被害を受けた農地、農業用施設(用排水路・ため池等のかんがい排水施設、農道、橋梁、農地保全施設等)の復旧を支援します。

燃油が高騰した時に備えて

施設園芸等燃油価格高騰対策

  • 農林水産省(外部リンク) TEL:055-223-3503(山梨県水田畑作農業再生協議会)

施設園芸及び茶加工用の燃油価格が一定以上に上昇した場合に、補てん金を交付するセーフティーネットの構築を支援します。 

融資制度

農業災害対策資金、天災資金

農業者が、暴風雨、豪雨、地震、降雪、降霜、低温又は降ひょう等の天災によって損害を受けた場合に資金を融通します。 

農林漁業施設資金

農業者等が、台風や地震等の不慮の災害により被災した場合に、果樹の改植や農業施設等の復旧に必要な資金を融通します。 

農林漁業セーフティネット資金

認定農業者等が台風、冷害、干ばつ、地震等による自然災害や社会的又は経済的環境の変化による経営状況の変化(粗収益の減少、取引先等の破綻等)を受けた場合に資金を融資します。 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部農政総務課 担当:農業団体指導・検査担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1589   ファクス番号:055(223)1585

広告スペース

広告掲載について