トップ > 県政情報・統計 > 情報公開・個人情報保護 > 山梨県の情報公開(情報公開制度の総合案内) > 開示決定等に不服があるとき(行政文書・保有個人情報)

ここから本文です。

開示決定等に不服があるとき(行政文書・保有個人情報)

行政文書の開示請求や、保有個人情報の開示請求(訂正請求、利用停止請求も含む)に関して、実施機関が行った開示請求等に不服があるときは、行政不服審査法に基づき、実施機関に審査請求(不服申立て)をすることができます。

審査請求を受けた実施機関は、行政文書の開示決定の場合は、山梨県情報公開審査会に、保有個人情報の開示決定等の場合は、山梨県個人情報保護審議会に諮問し、審査会等から答申を受けた上で、審査請求に対する裁決を行います。

ただし、実施機関において、全部開示(全部訂正・全部利用停止も含む)ができると判断した場合や、審査請求が不適法であった場合は、諮問を行わずに裁決を行います。

審査請求ができる期間


開示請求等の原処分があったことを知った日(=開示請求等に対する決定通知書が送付された日)の翌日から起算して3か月以内

審査請求の手続


審査請求の様式は任意ですが、次の事項を記載した審査請求書を作成し、県民情報センターまたは各地域県民センターへ提出(郵送可)してください。

記載事項
  • 審査請求年月日
  • 審査請求先(宛先)【例:山梨県知事、山梨県教育委員会など】
  • 審査請求人の氏名又は名称及び住所又は居所

   ・代理人(法定代理人、任意代理人)により審査請求する場合は、これに加えて代理人の氏名及び住所も記載してください。

   ・法人との名義で審査請求する場合は、代表者の職名・氏名及び住所となります。

  • 審査請求にかかる処分の内容
  • 審査請求に係る処分があったことを知った年月日
  • 審査請求の趣旨
  • 審査請求の理由
  • 処分庁の教示の有無及びその内容
添付資料
  • 代理権を証明する書類(代理による審査請求をする場合)

  ・法定代理人の場合は、戸籍の謄本等で、法定代理関係がわかる記載のあるもの

  ・任意代理人の場合は、本人からの委任状

  • 代表者等の資格を証明する場合(法人等が審査請求をする場合)

  ・法人の場合には、法人登記簿の謄本等

  ・法人格を有しない社団・財団の場合には、規約及び代表者を歴任した記録のある総会議事録等

  • 審査請求人の主張を補強する資料(必要があれば)
審査請求書の記載例(PDF:80KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県総務部行政経営管理課 担当:文書・情報公開担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1413   ファクス番号:055(223)1415

広告スペース

広告掲載について