トップ > 組織から探す > 農政部 > 蜜蜂を飼育している全ての方へ

ここから本文です。

 蜜蜂を飼育している全ての方へ

養蜂振興法の一部改正について

趣味養蜂家の増加など養蜂をめぐる情勢の変化等を踏まえ同法が一部改正されました。(平成25年1月1日施行)

これにより、養蜂業者だけでなく趣味で蜜蜂を飼育する方にも届出が義務づけられました。

詳しい内容は、以下のファイルをご覧下さい。

蜜蜂飼育届(飼育変更届)について

蜜蜂飼育届(飼育変更届)の概要

蜜蜂の飼育を行う者は、養蜂振興法第3条第1項及び養蜂振興法施行規則第1条第1項に基づき、毎年1月31日までに、住所地を管轄する都道府県知事に届け出ることとされています。(手数料はかかりません)

届出事項に変更があったときは、養蜂振興法第3条第3項及び養蜂振興法施行規則第1条第3項に基づき、当該変更の日から1ヶ月以内に飼育変更届の提出が必要です。

ただし、以下に該当する方は、届出不要です。

  1. 農作物等の花粉受精の用に供するために短期間の蜜蜂の飼育を行う場合
  2. 学術研究等のために密閉構造の飼育管理設備で蜜蜂の飼育を行う場合(上記1、2については、採蜜した蜂蜜等を販売せず、自家消費することが必須条件)
  3. 巣箱や巣洞等を設置しないで、野生のニホンミツバチの自然巣から、蜂蜜等を採取する場合
  4. 条件付き飼育形態で、知事が届出を要しないものと認める場合

届出内容及び様式

下記様式に1月1日時点での蜜蜂飼育状況及び1年間の蜜蜂飼育計画を記入して提出して下さい。

その際、届出者の飼育状況や、県内の蜂蜜等の生産状況把握のため、添付書類の提出を併せてお願いします。

届出書類

添付書類

届出の際の注意事項

届出に記載された情報は、蜂群の適正配置、防疫対策、農薬散布による蜜蜂被害の防止など養蜂振興に必要な範囲において関係者への情報提供に利用します。

初めて飼育する場合や新たな場所で飼育を計画する場合は、周辺に既存の蜜蜂飼育者がいないかの確認をお願いします。近隣に蜜蜂飼育者がある場合、疾病のまん延防止や蜜源の競合を防ぐため、当事者間で事前調整を行って下さい。近隣の飼育情報が不明の場合には畜産課までお問い合わせ下さい。また、蜜蜂が人畜に危害を与えることのないよう、巣箱の設置場所には十分注意して下さい。

 

転飼許可申請について

他県から本県に採蜜や越冬などを目的として蜜蜂を移動(転飼)するためには、養蜂振興法第4条第1項により、養蜂転飼許可申請が必要になります。県では2月に転飼調整会議を開催し、転飼調整委員会で転飼許可の審議を行います。

新規で転飼許可申請を行う場合は、事前に畜産課生産振興担当までご相談下さい。

転飼許可申請書及び申請方法

関連外部サイト

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部畜産課 担当:生産振興担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1607   ファクス番号:055(223)1609

広告スペース

広告掲載について