ここから本文です。

第23回ヴァンフォーレ甲府経営委員会

第23回経営委員会の状況

 

平成22年3月26日(金曜日)、県議会議事堂地下会議室において、第23回「ヴァンフォーレ甲府経営委員会」が開催されました。5名の委員 と、(株)ヴァンフォーレ山梨スポーツクラブから海野社長、輿水常務、佐久間ゼネラルマネージャー、今泉統括本部長の4名が出席しました。

委員会において、海野社長から「2009シーズン(平成21年)の業務報告」として、(1)リーグ成績、(2)シーズン観客動員数、(3)クラブサポーター会員数、(4)地域との交流活動の実施がJリーグの中で最も多く、地域に密着したクラブであるとJリーグから高い評価を受けているとの報告がありました。
   次に、「2009シーズン(平成21年)の収支報告」として、(1)営業収入が10億9,433万円、(2)経常利益が255万円、(3)純利益が 72万円、(4)前年度からの累積債務が僅かながらも縮小したこと、厳しい経済状況の中で広告料収入が落ち込んだが、J2試合数の増加にともなう入場料収入が増加したことやその他の事業での売上げの減少を努力して抑えたことなどによる収入の減少を最低限に食い止め、営業費用を節減する中で、9期連続の経常利益を確保したことが報告されました。さらに、選手の練習環境整備のため山梨大学医学部グラウンドに練習場を整備したことも報告されました。
   また、「2010シーズン(平成22年)の目標等」として、(1)クラブサポーター会員9,000口、(2)1試合当たりの平均観客動員数12,000人、(3)広告料収入5億円とすることが報告されました。 

議題のその他で、厳しい経済状況の中で広告料収入の確保に向け努力しているが、VFグッズ販売による支援の要請と「Jリーグ・オフィシャル・オンライン調査」における観戦者からの高い試合運営評価について報告がありました。

委員からは、引き続き地域に根ざした活動を行ってもらい、多くの県民が期待するJ1復帰のため、大いに活躍していただきたいとの意見がありました。

経営委員会として、2009シーズン(平成21年)の収支報告及び2010シーズン(平成22年)の目標等を了承するとともに、引き続きヴァンフォーレ甲府を支援していくこととしました。

 

 資料1(PDF:24KB)  資料2(PDF:19KB)     

 資料3(PDF:2,856KB)   資料4(PDF:16KB) 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県スポーツ振興局スポーツ振興課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1780   ファクス番号:055(223)1786

広告スペース

広告掲載について