トップ > 組織から探す > 森林環境部 > 自然共生推進課 > オオキンケイギク(特定外来生物)について

ここから本文です。

オオキンケイギク(特定外来生物)について

オオキンケイギクとは

北アメリカ原産の多年草で、5月~7月頃にかけて黄色いコスモスに似た花を咲かせます。花びらの先端は不規則に4~5つに分かれています。草丈は30~70cmで、葉は細長い楕円形で両面に毛があります。主に路肩、河川敷、線路際に生育します。

明治中期に観賞用・緑化用として持ち込まれ定着しましたが、繁殖力が強く強健なため、いったん定着してしまうと在来の野草の生育場所を奪い、周囲の環境を一変させて、生物多様性を損なう恐れがあります。

平成18年に外来生物法に基づく特定外来生物に指定され、生きたままの運搬や栽培、譲渡などが原則禁止されました。

オオキンケイギク

環境省チラシ(PDF:1,211KB)

花の特徴

花はコスモスに似た形状で直径5cm~7cm程で茎の先端に1つの花を付けます。オオキンケイギク花

花びらの色は黄橙色で、花の中央部も同じ色をしています。

花びらの先端には不規則に4~5つのぎざぎざがあります。

 

葉の特徴

細長く、一番幅がある部分の幅は、1cm程度です。オオキンケイギク写真(葉)

葉の両面には荒い毛が生えており、葉の周囲はなめらかで鋸歯がありません。


 

 

駆除方法

庭などに生えているのを見かけたら、駆除してください。オオキンケイギクは、法律で栽培や運搬等が禁止されていますので、処理する際には、種子を地面に落とさないように根から株ごと引き抜いたものを丈夫な袋に入れ、しっかりと口を縛って腐らせる、又は、2~3日天日にさらして枯死させる等した後で、速やかに各自治体のゴミの分別方法に従って処分してください。オオキンケイギクは、多年草のため、根が残るとまた生えてきます

注意事項

オオキンケイギクは、法律で栽培が禁止されている植物です。違反すると、個人の場合、最高懲役3年以下、300万円以下の罰金、企業等の場合は1億円以下の罰金が科せられます。

県内の分布

 富士山科学研究所が2015年に調査したオオキンケイギクの県内の分布状況は、次のとおりです。

オオキンケイギクの県内の分布状況(PDF:195KB)

その他

侵入生物データベース オオキンケイギク(国立研究開発法人国立環境研究所:外部サイト)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県環境・エネルギー部自然共生推進課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1520   ファクス番号:055(223)1781

広告スペース

広告掲載について