トップ > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.485甲ッ原の獣面把手土器?水煙把手土器異聞?

ここから本文です。

甲ッ原の獣面把手土器~水煙把手土器異聞~

水煙把手土器に関するトピックス

  • 0464安道寺遺跡出土の水煙把手土器、誕生譚
  • 0480もう一つの水煙把手土器
 

甲ッ原遺跡の土器で、口縁部に大きなイノシシのような把手がつく土器があります。イノシシの顔のようなので獣面把手と呼んでいます。縄文時代中期後半の曽利式土器の初期に位置づけられます。あまり見かけない土器ですがわずかながら類例があり、この土器も水煙把手土器の仲間であると考えられるようになりました。水煙把手土器とイノシシがつく獣面把手土器との関係を探ります。

1)二つの系譜をもつ水煙把手土器

水煙把手土器は、遺跡トピックス0464で山梨県指定文化財になっている甲州市安道寺遺跡出土の土器について、その生い立ちの謎にせまりました。またもう一つの生い立ちをもつドーム形水煙把手をもつ甲府市上野原遺跡出土の土器は、在地の伝統からまた新たな水煙把手土器として成立することを遺跡トピックス0480で紹介しました。すなわち安道寺遺跡の水煙把手土器のような他地域(東北方面)の土器型式から誕生してくるものを安道寺タイプとすれば、上野原遺跡の例で地元山梨の土器型式から文様を立体的につくることで成立する上野原タイプという、二つの系譜があります。いずれも中空となる大きな四つの水煙把手が口縁部を越えて大きく立ち上がるのが特徴です。

獣面把手土器全体図

甲ッ原遺跡の獣面把手土器

獣面把手正面

獣面把手を正面から

 

獣面把手土器出土状況

獣面把手土器の出土状況ひとつ古い井戸尻式土器と共伴している

 

2)甲ッ原遺跡の獣面把手土器

この土器は一つの把手が水煙文ではなく獣面として大きく立ち上がります。四つの把手があるのですがいずれも口縁部より上にはたちあがりません。でも口縁部までのふくらんだ把手の頂部にはいちおう渦巻き文がかかれています。把手以外の口縁部は文様がなく中段には粘土紐を小さくくねらせて2段重ねて土器を一周させています。胴体はタテの沈線でうめられU字形の文様が貼り付いています。こうした土器の特徴から、中期後半の曽利I式土器であることがわかります。ただしイノシシを表現している獣面把手は、平坦な正面に口が大胆に描かれ、細かな渦巻きなどの曲線でうめられています。この文様表現技法は曽利I式よりも古く、明らかに前時期の施文技法を用いています。すなわち土器本体よりも把手だけが古い表現となっているのです。そもそも曽利式土器にはイノシシ文様はありません。あえて付けるとすれば前時期の伝統的な技法によらざるをえなかったのでしょう。きわめて特殊な事例です。

 

3)系譜を探ると連続している

甲ッ原遺跡の土器に似た類例を探すとわずかにありました。山梨県甲府市村上遺跡の出土土器は、少し古い様相をもっていますが文様構成もほぼ同じで一つの獣面把手(おそらくカエル)がついています。長野県富士見町の大畑遺跡出土土器は、一つの大きな渦巻き文(ヘビか?)把手がついています。土器の胴体の文様も甲ッ原遺跡ほぼ同じ時期のものですがわずかに古い様相をもっています。管見の限りこれだけしかみつかりませんでした。系譜的にもこれらは連続した変遷をたどっていますので、一発屋の例外的な事例であるわけでもありません。

村上遺跡の土器
甲府市村上遺跡の土器


4)水煙把手土器の隠れたもうひとつの姿

獣面把手以外の他の把手の形に注目してみると、この手の土器はもう少し類例があります。口縁部にふくらんだ立体的な把手が四つ付くが、上部は口縁部と同じ高さになるものというのがあります。山梨県北杜市上小用遺跡の土器によい例があります。甲ッ原遺跡の土器で獣面把手をなくすとこんなかんじになる、といったものです。こうした例は、長野県岡谷市目切遺跡、神奈川県横浜市加賀原遺跡、相模原市当麻遺跡など少ないながらも広くみることができます。いずれも同じ時期の土器の口縁部文様を立体的につくっているものです。すると水煙把手の頂上をドーム状に盛り上げずに口縁部と同じ高さで平にしているだけで、水煙把手土器の上野原タイプと同じ仲間であることがわかります。

上小用遺跡の土器

上小用遺跡(かみこよういせき:北杜市白州町)の土器『鳥原平遺跡群3』2006北杜市教育委員会より転載


5)甲ッ原タイプとは
甲ッ原遺跡の土器は、獣面把手が一つだけ付くのですが、こうした土器の仲間だということが分かります。すなわち獣面把手が付くことだけが例外的な事例といえます。本来はこの時期に存在しない獣面把手ですが、あえて付けなければならないと考えるならば、存在した古い時期のものを借りてくることが必要だったのでしょう。だらかこの獣面把手だけが異質なものとして印象づけられてしまいます。
上野原タイプと同じように在地の土器文様を立体化させていますが、その頂部はドーム系でなく平らな渦巻き文として口縁部より高くならないようにする違いがあります。これらを、獣面把手が付くものも含めて「甲ッ原タイプ」と呼ぶことにしたいと思います。甲ッ原遺跡の土器は獣面把手に目を奪われてしまいがちで、水煙把手土器とは異なるものと思っていました。しかしこうした型式的な検討を加えてみると水煙把手土器のもう一つの仲間であることがわかるのです。

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について