ここから本文です。

 二又第1遺跡の発掘調査現場の公開について

 futamata_ikou ← 遺構を検出したようす(柱穴や溝、土坑がいっぱい)

二又第1遺跡は16世紀頃(今から約500年前)頃の集落の遺跡です。リニア中央新幹線にかかる保守基地の建設に伴い発掘調査を実施しています(2021年3月現在)。発掘調査では、当時使っていた土器や下駄などの木製品、古銭などの遺物とともに掘立柱建物や畑などの遺構が見つかっています。発掘調査では当時の人々が暮らした痕跡が生々しく残っています。

 発掘調査はまだまだ途中段階ですが、見つかりたての生の遺跡を間近でのぞいてみませんか?

 ご案内(PDF:407KB)

現場公開日・時間

 令和3年3月14日(日曜日)

 10時00分~12時00分、13時30分~15時30分

 ※雨天・降雪の場合は中止します。雨天の後、地面がぬかるんで転倒の危険がある等の場合も同様です。

 ※新型コロナウイルスの感染状況により中止をする場合があります。

場所

 二又第1遺跡発掘調査現場(山梨県中央市成島838-1ほか)

内容

 ・発掘調査現場を時間内でお好きな時間に見学できます。

 ・通常の現場説明会とは異なり、発掘調査中の遺跡を見学していただきます。

 ・説明は状況に応じ、多数、密集を避け、現場担当者がいたします。

 ・ご希望の方は、20分程度の発掘調査体験を実施します(道具はこちらで用意しています)。

対象

 どなたでも ※小学生以下は保護者同伴

申し込み

 不要

お願い

発熱や体調が優れない方のご来場は、お控えください。

マスクの着用をお願いいたします。

運動靴など動きやすい格好でご来場ください。

現場作業ヤード内に車を駐車できますが、台数に限りがあります。また作業ヤード内では徐行運転をお願いいたします。

所定の駐車場以外に止めないようにお願いします。また、作業ヤード以外の場所への立ち入りはできません。

見学の際は、他の方と間隔をあけて見学ください。

お問い合わせ

 山梨県埋蔵文化財センター 調査研究課

 電話 055-266-3016(平日9時00分~17時00分)

 現場携帯電話 090-1051-7651

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について