トップ > 組織から探す > 高速道路推進課 > 高速道路整備の流れ

ここから本文です。

高速道路整備の流れ

高速道路整備の流れ

高速道路の整備にあたっては、できる限り少ない財政負担で高速道路ネットワークを整備する必要があるため、高速自動車国道法の改正が施行された平成16年5月12日以降は、整備計画決定している9,342kmを、従来の有料道路方式と国自らが建設する新直轄方式とを合わせ、着実な整備を進めることとなっています。

新直轄方式について

高速自動車国道の新設、改築、維持、修繕、災害復旧、その他の管理を国自らが行う方式を指し、平成15年5月の高速自動車国道法の改正により新たに導入されました。

この他に高速道路を新設、改築する手法として、従来方式を継承する、高速道路株式会社が国から料金徴収等の許可を受けて、高速道路を新設、改築して料金を徴収する「有料道路方式」があります。

今後は、この2つのスキームの併用により必要な高速道路が整備されることになります。  

関連サイト (詳細については下記の国土交通省HPを参照して下さい。)

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県土整備部高速道路推進課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1690   ファクス番号:055(223)1693

広告スペース

広告掲載について