トップ > 組織から探す > 衛生薬務課 > ジェネリック医薬品(後発医薬品)の使用促進

ここから本文です。

ジェネリック医薬品(後発医薬品)の使用促進に向けて

動画を作成しました! 「だから、ジェネリック医薬品。」 是非ご覧ください!

 母親篇

 

 

 1月は「やまなしジェネリック医薬品使用促進強化月間」です。

現在、国は令和5年度末までにジェネリック医薬品の使用割合を80%とする目標を掲げています。本県の状況は、令和3年8月時点で81.8%であり80%を達成しましたが、全国第33位と全国順位は低い水準です。

傾向として、毎年1月~3月のアレルギー薬が多く使用される時期に使用割合が下がるため、1月を「やまなしジェネリック医薬品使用促進強化月間」として、次の対策を実施します。

 

・テレビCM(山梨放送、テレビ山梨)の放映

・SNS(YouTube、Facebook)への広告

・新聞広告(山梨日日新聞)、市町村広報誌への掲載依頼

・セレオビジョンによるテレビCMの放映

 

いつもの花粉症のお薬をジェネリック医薬品に変えてみませんか。

ジェネリック医薬品(後発医薬品)を積極的に使用しましょう!

ジェネリック医薬品は、有効成分は新薬と同じなので、同等の効果が期待でき、原料から製造、販売まで、国の定めた厳格な審査基準をクリアしているため、安全性も新薬と同等です。〈 ジェネリック医薬品の詳しい情報はこちら

ジェネリック医薬品は一般的に研究開発費用が低く抑えられていることから新薬と比べ薬価が低くなっており、患者の負担軽減につながります。ジェネリック医薬品の使用が進めば、健全な医療保険制度の維持にもつながります。

2018年度に作成した啓発資料をご覧ください。

 

①県の広報誌「ふれあい」への特集記事の掲載

(PDF:1,398KB)

②新聞への啓発

2018年度版(PDF:1,541KB)

③医療機関への受付カウンター用案内立て札の配布

(PDF:737KB)

④医療機関へジェネリック医薬品説明補助シート

表面(PDF:1,929KB)裏面(PDF:1,173KB)

 

山梨県汎用後発医薬品リストを作成したのでご活用ください

県では、さらなるジェネリック医薬品の使用促進を目指し、病院、診療所及び薬局において後発医薬品を採用する際の参考としていただくことを目的として、「山梨県汎用後発医薬品リスト」を作成しました。検索等が行えるExcelファイル形式でのデータも併せて掲載しますので、ご活用ください。

「山梨県汎用後発医薬品リスト」PDF版

印刷用(PDF:1,230KB)

「山梨県汎用後発医薬品リスト」Excel版

内用薬(エクセル:139KB)

外用薬(エクセル:47KB)

注射薬(エクセル:55KB)

県広報番組「わくドキやまなし」でジェネリック医薬品について放送されました

平成30年11月26日放送の「わくドキやまなし」で「イメージアップ!ジェネリック」をテーマに取り上げられました。

県のホームページからその一部をご覧いただくことができますので、見逃した方はぜひご覧ください。

「イメージアップ!ジェネリック」(クリックしてください)

山梨県後発医薬品安心使用促進協議会

山梨県では、平成20年度より「山梨県後発医薬品安心使用促進協議会」を設置し、使用促進に向けた対策を実施してきました。

協議会委員(PDF:40KB)

これまでの実施事業概要(PDF:117KB)について

関連情報 厚生労働省ホームページより

「後発医薬品の安心使用促進アクションプログラム」(概要)(PDF:175KB)

「後発医薬品のさらなる使用促進のためのロードマップ」(概要)(PDF:305KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部衛生薬務課 担当:薬務担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1491   ファクス番号:055(223)1492

広告スペース

広告掲載について