トップ > 組織案内 > 労政雇用課 > 将来世代応援企業表彰

ページID:95989更新日:2021年4月14日

ここから本文です。

 

株式会社ササキ(韮崎市)が「日本創生のための将来世代応援知事同盟」による「将来世代応援企業賞」を受賞しました。

将来世代応援企業表彰の趣旨

 子育て支援、女性や若者への支援及び働き方改革に際し、独自性、先進性のある取組を積極的に行っている企業等を表彰、その活動内容を広く紹介することにより、経済界をはじめ、社会全体で将来世代を支える意識の醸成と環境づくりの一層の推進に資する。

表彰の概要

 日本創生のための将来世代応援知事同盟加盟県から推薦された企業の中から、令和2年度においては、1社に「最優秀将来世代応援企業賞」、2社に「優秀将来世代応援企業賞」、14社に「将来世代応援企業賞」を授与した。

(加盟県:岩手県、宮城県、福島県、茨城県、福井県、山梨県、長野県、三重県、滋賀県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、高知県、宮崎県、鹿児島県)

将来世代応援企業表彰について ※外部リンク

県内受賞企業

 県内企業からは、令和2年度にYAMANASHIワーキングスタイルアワード優秀賞を受賞した株式会社ササキ(代表取締役 佐々木啓二)が「将来世代応援企業賞」を受賞。

受賞の理由

 家族手当等の増額、出産・育児休暇の充実、イクメン・イクボス研修、コロナ影響下での子供同伴出勤制度導入、育児休業終了後の慣らし保育機関休業制度導入などの職場復帰後の制度拡充、独自の工程進捗管理システムによる働き方改革などの取り組みにより、家族手当の支給37人、育児休暇取得率100%、女性管理職比率11.1%、女性採用比率49.4%等の成果が高く評価されたため

 表彰状

過去の県内受賞企業

令和2年度 株式会社エノモト(上野原市)

育児短時間勤務を小学校3年生まで、育児目的休暇・子の看護休暇を小学校6年生まで利用可能、男性の家庭活躍「男性の育児休業取得」を推進、1時間単位での有給休暇取得が可能でフレキシブルな働き方を推進といった取り組みにより、有給休暇取得率58.3%、男性の5日連続の育児休暇取得率50%、女性の育児休業取得率100%、子の1歳時点での就業継続率100%等の成果が高く評価されたため。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県産業労働部労政人材育成課 担当:労政担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1561   ファクス番号:055(223)1564

同じカテゴリから探す

このページを見た人はこんなページも見ています

県の取り組み

pagetop