トップ > くらし・防災 > 防災 > 防災計画・マニュアル > 山梨県業務継続計画(山梨県自然災害BCP)

ここから本文です。

山梨県業務継続計画(山梨県自然災害BCP)

大規模災害の発生時は、県庁自身も被災し、人、物、情報等利用できる資源に制約が生じることが想定されます。

業務が長時間中断した場合は、県民生活や経済活動等に大きな影響を与える可能性があります。

そこで、県民等の生命・身体及び財産を保護し、社会経済活動に与える影響を最小限にするため、県庁自身が被災した場合においても、なお県庁の役割を適切に果たせるよう、平成24年度に「山梨県業務継続計画《地震編》」を策定し、その後、毎年度見直しを行ってきました。

山梨県は、地震、暴風、豪雨、地滑り、富士山噴火など、多くの災害に注意をはらう必要がある地域です。

特に、地震のうち南海トラフ地震は高い確率で発生が危惧されていますが、平成26年の豪雪災害や御嶽山噴火、平成30年西日本豪雨、令和元年台風第15号・19号など、近年全国的に頻発化・激甚化している災害事例等を踏まえ、地震のみならず自然災害一般について、業務継続性を確保する必要性があらためて認識されています。

こうした状況を踏まえ、対象とする災害を地震から大規模自然災害一般に拡大し、「山梨県業務継続計画(山梨県自然災害BCP)」として改定しました。

 

オープンデータ

クリエイティブ・コモンズ表示4.0国際ライセンス 山梨県業務継続計画(本編)(PDF:2,498KB)

山梨県業務継続計画(BCP)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県防災局防災危機管理課 担当:防災危機管理担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1432   ファクス番号:055(223)1429

広告スペース

広告掲載について