更新日:2022年3月2日

ここから本文です。

ほうとう(のし入れ、のし込み)

ほうとう

「うまいもんだよカボチャのほうとう」とも言われる、誰もが知る山梨県の代表的な郷土料理。武田信玄が考案した陣中食であったとも言われていますが、文献上は江戸時代以降に多く登場します。小麦粉をのして麺をつくりそのまま鍋で煮ることから、峡南地域では「のし入れ」「のし込み」とも呼ばれています。また、敬称をつけて「おほうとう」と呼ぶ地域も多くあります。

 

地域>

県内全域

 

レシピ

材料(5人分)

  • 小麦粉400g
  • ぬるま湯150~200cc
  • じゃがいも100g
  • かぼちゃ75g
  • だいこん60g
  • にんじん25g
  • はくさい100g
  • しいたけ5
  • 長ねぎ35g
  • 油揚げ25g
  • 煮干し75g
  • 2.5リットル
  • みそ180~200g

作り方

  1. 鍋に煮干しと水を入れ、だし汁を作っておく。
  2. 小麦粉にぬるま湯を少しずつ加えながらこね、耳たぶよりもややかためのもち状にまとめる。ぬれた布巾をかけて、30分くらいねかす。
  3. じゃがいもとかぼちゃは乱切りにする。
  4. にんじんとだいこんはいちょう切りにし、しいたけは太い千切りにする。はくさいはざく切りにする。
  5. 油揚げは短冊に切り、長ねぎは薄い斜め切りにする。
  6. 1にかたい野菜から入れ、柔らかくなるまで煮込む。
  7. 2に打ち粉をしながら薄くのばし、うどんより幅広く(1cmくらい)切ってほうとうめんをつくる。
  8. 油揚げとみそ半分の量と7を入れて煮込む。ほうとうめんが透き通ってきたら、残りのみそを加えて、味を調え、煮立ったらねぎを入れて火を止め、ふたをして2~3分蒸らす。

アレンジレシピ

「やまなしの食」新レシピコンテスト入賞のアレンジレシピもあります。

食べられる・買えるお店

ほうとうを食べられる・買えるお店(リンク)を紹介しています。

食の伝承マイスター

南アルプス特産品企業組合ほたるみ館(令和2年度認証)

小淵沢町食と健康を考える会(令和3年度認証)

食の伝承マイスターとは、「やまなしの食」について、優れた技術や知識の継承に取り組む個人や団体のことです。

 

前のページに戻る

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部県民生活安全課 担当:食の安全・食育担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1588   ファクス番号:055(223)1320

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について