更新日:2022年5月20日

ここから本文です。

せいだのたまじ

せいだのたまじ

「たまじ」と呼ばれる小さなじゃがいもをみそで甘辛く煮詰めた上野原の郷土料理。江戸時代の名代官、中井清太夫(なかいせいだゆう)は、飢饉の際にじゃがいも栽培を広めて窮地を乗り切りました。人々は、感謝を込めてじゃがいものことを「清太芋」「せいだ」と呼ぶようになったのが、「せいだのたまじ」の名前の由来と言われています。

 

<主な地域>

上野原市

レシピ

材料(4人分)

  • じゃがいも(小粒)1kg
  • サラダ油
  • だし汁
  • みそさじ2~3
  • 砂糖さじ2
  • みりんさじ1
  • ごま

作り方

  1. じゃがいもは皮付きのままよく洗い、水気を拭き取る。
  2. 1を皮のついたまま中火でじっくり揚げる。
  3. 皮がしわしわになってきたら別の鍋に移し、じゃがいもがかぶるくらいのだし汁を入れ、火にかける。
  4. 沸騰してきたら、中火にしてみそ、砂糖、みりんを入れて煮こむ。
  5. 煮つまってきたら弱火にして、煮汁にとろみが出るまで煮て、皿に盛りごまをふる。

     

アレンジレシピ

「やまなしの食」新レシピコンテスト入賞のアレンジレシピもあります。

食の伝承マイスター

上野原せいだのたまじ本舗(平成30年度認証)

食の伝承マイスターとは、「やまなしの食」について、優れた技術や知識の継承に取り組む個人や団体のことです。

 

前のページに戻る

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部県民生活安全課 担当:食の安全・食育担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1588   ファクス番号:055(223)1320

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について