トップ > 組織から探す > 消費生活安全課 > 「食による地域の魅力再発見事業」について

更新日:2019年3月28日

ここから本文です。

「食による地域の魅力再発見事業」~「やまなしの食」の認定~

本県の特色ある郷土食等を「やまなしの食」として認定し、次世代に継承するとともに、食による地域の活性化、観光の振興につながる取り組みを行っています。

 ほうとう甘納豆の赤飯馬刺とりもつ 

「やまなしの食」の認定

「やまなしの食」育み会議を開催し、特に次世代に継承すべき郷土食として県が「やまなしの食」を認定しました。また、特に魅力があると考えられる料理を「特選 やまなしの食」として47品目を選定しました。

「特選 やまなしの食」47品目の紹介ページはこちら 

 

  • 市町村職員、食生活改善推進員などのご協力で「特選 やまなしの食」試食会を開催しました(平成30年10月から11月 全4回)

 

試食会1 試食会7 試食会10

「特選やまなしの食」クイズを行いました 

「食の伝承マイスター」の認証

「やまなしの食」について、優れた技術や知識の継承に取り組む個人や団体を認証します。

  • 平成30年度認証団体(平成30年9月3日)

 「山梨県食生活改善推進員連絡協議会」「(公社)山梨県栄養士会」

 「甲府鳥もつ煮でみなさまの縁をとりもつ隊」「上野原せいだのたまじ本舗」「山梨県立ひばりが丘高等学校うどん部」 

「特選 やまなしの食」クイズの実施(クイズは終了しました)

「やまなしの食」について、県民や山梨にゆかりがある人などに、広く関心を持ってもらうことを目的にクイズを実施します。

  •  実施期間:平成30年11月1日から平成31年1月4日
  •  実施方法:パンフレットの専用はがき、イベント等での特設ブース、インターネットなどで応募
  •  県民投票の対象料理:「やまなしの食」167品目のうち、特に魅力があると考えられる料理を「特選 やまなしの食」として47品目を選定しました。

 

 やまなしの食クイズ(表紙)

 

 「やまなしの食」を考えるシンポジウムを開催しました

「やまなしの食」に対する理解を深め、地域における継承活動につなげていくことを考えるシンポジウムを開催しました。

  「やまなしの食」を考えるシンポジウムの様子はこちら

 

  • 開催日時:平成31年2月5日(火曜日)午後1時~午後4時(12時30分開場)
  • 場所:山梨県立文学館 講堂
  • 内容:食の伝承マイスター認証式、事例発表、基調講演、パネルディスカッション

 「やまなしの食」を考えるシンポジウムの詳細はこちら

「クックパッド(cookpad)」にレシピ掲載

「やまなしの食」についてクックパッドにレシピを掲載して広く情報発信

「親子料理教室」の開催(委託事業)

郷土食の歴史等を学ぶとともに、家庭で作る機会を確保するため、親子参加による料理教室を開催します。

  • 平成30年度委託先 

 「山梨きら星ネット」「特定非営利活動法人あしたの食卓」「生活協同組合パルシステム」

 

親子料理教室4 親子料理教室5 親子料理教室7

 山梨きら星ネット「親子料理教室」ほうとう作り 

  

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部消費生活安全課 担当:食の安全・食育担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1588   ファクス番号:055(223)1320

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について