更新日:2022年5月20日

ここから本文です。

吉田のうどん

吉田のうどん

富士吉田市周辺ではかつて織物業が盛んであり、女性が従事していたことから、男性が食事の支度をしていました。そのため簡単に作れ、非常に腰があり歯ごたえがあるうどんがよく作られるようになったと言われています。具にキャベツをふんだんに使うことも特徴で、富士吉田市を中心に50軒以上のうどん店があります。冠婚葬祭の宴や儀式の最後にうどんを食べる習慣もあります。

 

<主な地域>

富士吉田市

 

 

レシピ

材料(8人前)

  • 中力粉800g(または強力粉500g、薄力粉200g)
  • 280cc
  • 打ち粉量(コーンスターチ、片栗粉などを使用)
  • さじ1杯
つゆ
  • みそ56g
  • しょうゆ48g
  • 粉末かつおだし24g
  • 煮干し16g
  • かつお厚削り20g
  • かつおぶし6g
  • 2L
具(キャベツ)
  • キャベツ4分の1個

作り方

  1. 粉に、塩水を少しずついれて混ぜる。
  2. ある程度まぜたら、ビニール袋の中にいれて1時間程度寝かす。
  3. ビニール袋に入れたまま踏んでこねる。
  4. 寝かしたものを踏んで1cm程度にのばす。
  5. 打ち粉をつけたあと、のし棒で5mm程度まで伸ばす。
  6. 生地を3つ折りにしてから、5mm幅程度に切っていく。
  7. ゆでる(12分程度)
  8. 麺を冷水で締めながらぬめりをとる。
つゆ
  1. 鍋にお湯を沸かし、煮干し・かつお厚削り・かつおぶしを入れ、煮る。(強火)
  2. 沸騰する直前に火を止め、煮干し・かつお厚削り・かつおぶしを取り出す。(弱火)
  3. 出汁を取ったつゆに、みそ・しょうゆ・粉末調味料を入れ混ぜる。(中火)

味を調えてからは、弱火~中火にし、つゆを沸騰させないようにする。

具(キャベツ)
  1. 鍋に1月6日程度お湯を張り、塩をひとつまみ入れる。
  2. 4分の1にカットしたキャベツを鍋に入れて、5分程度蒸す。(箸が刺さる程度)
  3. 流水で5分程度冷やす。
  4. 芯を除き、5mm幅で切る。さらに、それを半分の長さにする。

お好みで馬肉を砂糖、しょうゆ、酒で煮た具を乗せてください。

アレンジレシピ

「やまなしの食」新レシピコンテスト入賞のアレンジレシピもあります。

食べられる・買えるお店

吉田のうどんを食べられる・買えるお店(リンク)を紹介しています。

食の伝承マイスター

梨県立ひばりが丘高等学校うどん部(平成30年度認証)

食の伝承マイスターとは、「やまなしの食」について、優れた技術や知識の継承に取り組む個人や団体のことです。

 

前のページに戻る

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部県民生活安全課 担当:食の安全・食育担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1588   ファクス番号:055(223)1320

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について