更新日:2022年5月20日

ここから本文です。

かっぱめし

かっぱめし

河口湖に伝わるカッパ伝説に因んで、富士河口湖名物開発委員会が考案した料理です。基本は、きゅうりの浅漬けに長芋(または大和芋)のすりおろしに調味料を混ぜたもので、これをご飯にのせ、刻みのりとごまをトッピングしますが、その他はアレンジ自由。富士河口湖町では、様々な種類のかっぱめしが楽しめます。

<主な地域>

富士河口湖町

 

レシピ

材料(2人分)

  • ご飯2
  • 長芋(または大和芋)すりおろし100g程度
  • きゅうりの浅漬け(市販のもの)40g
  • 白ごま
  • 刻みのり

作り方

  1. ご飯を炊き、炊けたご飯を器に盛る。
  2. 長芋は皮を剥きすりおろす。きゅうりの浅漬けは薄切りにする。
  3. 2ですりおろした長芋を1のご飯の上にかけ、きゅうりの浅漬け、刻みのり、白ごまをのせて完成。

前のページに戻る

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部県民生活安全課 担当:食の安全・食育担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1588   ファクス番号:055(223)1320

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について