更新日:2022年5月20日

ここから本文です。

鳴沢菜の加工品

鳴沢菜醤油漬け

鳴沢菜は、鳴沢村で伝統的に栽培されてきた品種で、栽培の起源は江戸時代と言われています。茎は柔らかく食味は良好であり、浅漬けやしょうゆ漬けに最適ですが、みそ汁、混ぜご飯、油炒め、また、おやきの具としても用いられています。

<主な地域>

鳴沢村

鳴沢菜鳴沢菜

レシピ

鳴沢菜漬け(醤油漬け)

材料

  • 鳴沢菜4kg
  • 切昆布10g
調味料
  • 醤油600ml
  • ざらめ(中双糖)330g
  • 穀物酢60ml

作り方

  1. 鳴沢菜はよく洗っておく。葉についた汚れや株元の隙間に入り込んだ土などを水洗いする。
  2. 株元に残るかぶをきれいに処理し、大きく太い株は包丁を十字、または一文字に切れ込みを入れる。
  3. 1段ごとに茎の向きを変えながら漬物容器に隙間なく詰める。
  4. 3に昆布を散らし、ボールに合わせた調味料をまわしかけ、押しぶたをし鳴沢菜の倍量の重石(4kg×2個)をのせる。(★1)
  5. 水があがったら(★2)重石を半量に減らし、冷暗所におく。
  6. 食べごろは1週間目以降。

(★1)
・空気にふれない方が良いので、漬物袋を使って漬けるのがおすすめです。
・重石がない場合は、水を入れたペットボトルなどで代用もできます。
(★2)

「水があがる」とは、一夜漬けると野菜から水分が染み出すこと。

参考:「おごっそうの玉手箱」新海桂子著(山梨日日新聞社)

 

 

鳴沢菜漬けの炒め物

鳴沢菜漬けの炒め物

材料

  • 鳴沢菜漬け350g
  • ちりめんじゃこ50g
  • たかのつめ
調味料
  • しょうゆさじ1
  • 砂糖さじ1

作り方

  1. 鳴沢菜の漬物を3cm程度に切る。
  2. フライパンで油を熱し、たかのつめを入れる。
  3. 2に鳴沢菜の漬物と、ちりめんじゃこを加え炒める。
  4. 調味料を加え炒めたら完成。

調味料は漬物の漬かり具合により分量が変わるため調整が必要。

 

前のページに戻る

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部県民生活安全課 担当:食の安全・食育担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1588   ファクス番号:055(223)1320

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について