更新日:2022年5月20日

ここから本文です。

茂倉瓜の冷や汁

茂倉瓜の冷や汁

早川町茂倉地区で代々自家播種しながら、100年以上前から栽培されている茂倉瓜は、通常のきゅうりに比べ、太くずんぐりとした形。これを千切りにし、冷たいだし汁にみそ・薬味と一緒に入れて作る、火を使わず、混ぜるだけの簡単な調理法です。
そのままでもよいし、ご飯にかけていただいてもよい夏にぴったりのメニューです。

 

<主な地域>

早川町茂倉地区

茂倉瓜茂倉瓜(もぐらうり)

レシピ

材料(4~5人分)

  • 茂倉瓜1~2本
  • 青じそ10枚
  • かつお節袋1パック
  • すりごまさじ6
  • みそさじ5
  • 小口ねぎ3~4本

だし汁

  • 煮干し20g
  • 800cc

ご飯(麦めし)

  • 2
  • 90g
  • 3

作り方

  1. 煮干しで、だし汁を作り冷蔵庫で冷やしておく。
  2. 炊飯器に米、麦、水を加え炊く。炊けたら、ボウルに入れ冷ましておく。
  3. 茂倉瓜の皮をむき、種を取り千切りにする。
  4. 青じそ(千切り)、小口ねぎ(刻む)を切る。
  5. 1のだし汁にみそを入れて溶き、3.の茂倉瓜と、かつお節、すりごま、青じそ、小口ねぎを加えよくかき混ぜる。
  6. 器に2で冷ましたご飯を盛り、5.のだし汁をかけ完成。

食べられる・買えるお店

茂倉瓜の冷や汁を食べられる・買えるお店(リンク)を紹介しています。

 

前のページに戻る

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部県民生活安全課 担当:食の安全・食育担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1588   ファクス番号:055(223)1320

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について