更新日:2022年5月20日

ここから本文です。

鳥もつ煮

鳥もつ煮

鶏の砂肝、ハツ、レバーなどを甘辛く濃厚なしょうゆダレで照り煮した料理で、甲府市内の蕎麦屋が考案したことから、蕎麦屋やほうとう屋の定番メニューとなっています。「B1グランプリ」では「みなさまの縁をとりもつ隊」がゴールドグランプリを受賞し、「甲府鳥もつ煮」として、全国区の山梨の郷土食となりました。

 

<主な地域>

甲府市

 

 

レシピ

材料(4人分)

  • レバー300g
  • 砂肝250g
  • はつ50g
  • きんかん50g
  • ひも50g
  • しょうゆ2分の1カップ
  • 砂糖100g
  • レタス
  • ししとう

作り方

下ごしらえ
  • レバー:赤いハート型の部分だけ(2つ)使う。食べやすい大きさに切る。
  • 砂肝:つながっている白い部分とピンク色の部分を取り除き、食べやすい大きさに切る。
  • はつ:縦半分に切り、血のかたまりを取る。
  • きんかん:つながっている部分を取る。
  • ひも:長いひも状の部位であるため、3cm位に切り分ける

 

  1. うすめの食塩水を作り、切ったもつの臭みを取るために、しっかり洗う。洗い終わったら塩水を切っておく。
  2. フライパンにしょうゆ、砂糖を入れ、強火で煮立たせる。どろっと濃い場合は酒か水を入れてのばす。
  3. たれから泡が少し出てきたらもつを入れる。
  4. 軽く混ぜてふたをする。焦げ付かないように時々かき混ぜる。フライパンのふちにタレがこびりつく位になったらできあがり。
  5. 好みでレタスや、火を通したししとうなどといただく。

食べられる・買えるお店

鳥もつ煮を食べられる・買えるお店(リンク)を紹介しています。

食の伝承マイスター

甲府鳥もつ煮でみなさまの縁をとりもつ隊(平成30年度認証)

食の伝承マイスターとは、「やまなしの食」について、優れた技術や知識の継承に取り組む個人や団体のことです。

 

前のページに戻る

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部県民生活安全課 担当:食の安全・食育担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1588   ファクス番号:055(223)1320

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について