更新日:2022年5月20日

ここから本文です。

めまき

めまき

富士河口湖町の河口地区は江戸時代から富士山信仰の御師(おし)の街として栄え、白衣姿の富士講の道者が多く訪れていました。「めまき」は、この道者たちをもてなすために御師の家で出していたもので、この地方の名物とされていました。川魚を芯にしてアラメで三角形に巻くのは富士山の形に似せたものだと言われています。富士河口湖町、河口浅間神社の春の例大祭でも、この「めまき」が欠かせません。家庭で食べられているものは、それぞれの味が伝わっています。

<主な地域>

富士河口湖町河口地区

 

レシピ

材料

  • 乾燥アラメ2把くらい(500g)
  • ワカサギなどの魚カサギなら小さめ150匹くらい
  • 量(たっぷり)
  • しょうゆ400cc
  • 砂糖500g
  • 300cc
  • みりん180cc

調味料はそれぞれの家庭で分量が違います

作り方

  1. アラメをたっぷりの熱湯で10~15分程度茹でて冷水でよく洗い、水が切れるまで陰干しにする。
  2. 魚の切身を芯にしてアラメで三角に巻き、爪楊枝で止める。
  3. 2を鍋に並べ、たっぷりの水を入れてアクを取りながら、10時間以上煮る。
  4. めまきがやわらかくなったら、しょうゆ、砂糖、酒、みりん、調味料で味をつけ、めまきの芯まで味がしみ込むまで時間をかけて煮る。(弱火)

 

前のページに戻る

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部県民生活安全課 担当:食の安全・食育担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1588   ファクス番号:055(223)1320

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について