インタビュー

(昭和町)<br />
美容室「Bijoux -ビジュ-」経営
Vol.19 【働く】銀行員から努力を重ね人気美容師へ。女性の輝きを引き出したい
今回のゲスト
《美容室経営》 古屋ゆり子さん
(昭和町)
美容室「Bijoux -ビジュ-」経営

銀行員から美容師へ、そしてパリコレへのチャレンジ

Q銀行員から美容師を目指そうと思ったきっかけは何ですか?
銀行での勤めは上司や同僚に恵まれて居心地が良かったのですが、23歳の時、このままでいいのかと思い、「何かしたい」「自立したい」と考えるようになりました。その頃、東京で活躍している山梨出身の女性の美容師さんを紹介され、カットしていただくことになったのですが、その美容師さんの高い技術とその人自身のオーラに魅了されたのです。そして、この衝撃的な出会いをきっかけに「私も人を綺麗にしてあげる美容師になりたい」と思い、銀行を退職し美容学校へ入ることにしました。美容学校では、他の生徒より年齢が上だったこともありますし、負けず嫌いの性格なので、「負けてられない」と思い、遅くまで練習を重ねるなど努力をしました。美容師になってからも、常に自分の技術を磨くことに専念し、お客様のために何が自分に不足していて、どんな技術が必要なのか、考えて仕事をしてきました。

Qその後、パリコレのアシスタントにチャレンジされたのはどうしてですか?
勉強にもなるし、何よりも今までの自分の技術と情熱をどこかで確認したかったので、どうしてもチャレンジしたかったのです。そのために、情報収集をし、技術向上の努力をして、面接でも自分の情熱を前面に出しました。選ばれた時はとてもうれしかったです。このチャレンジで「本当にやりたいことは必ずできる。そして、そのためにどうしたらできるか方策を考え、実行することが大切だ」と実感しました。

女性の美しさを引き出す手伝いをしたい

Q独立したきっかけと美容師として心がけていることを教えてください。
独立するまで勤めていた美容室では、店全体で多い時に月間約600人というお客様に対して技術を提供していました。若いお客様が中心で明るい元気なサロンでしたが、少しづつゆっくりと自分の納得のいく技術・サービスを提供でき、居心地のいい大人の女性の為のサロンを持ちたいと思い独立しました。
年齢を重ねるほど、女性は輝き、本当の美しさが出てくると思います。だからお客様の輝きを、少しでも自分が引き出せるお手伝いができたらと思っています。そのために、いつも好奇心を忘れず、自分も年齢を重ね輝いている女性でありたいと努力しています。また、常に向上心を持つようにし、年に1回、イタリアのミラノに新しい技術取得のために勉強に行っています。自分に必要な内容の勉強会を探して東京にも勉強に行くなど自分の技術に磨きをかけています。

Q今後の抱負をお聞かせください
一番の基本として、自分が行きたいと思える美容室でありたいと思います。髪をやさしく、丁寧に扱ってくれて、スタイリングが楽であり、洋服や気持ちに応じて変化させてくれる美容室。なおかつリラックスできる場所にしたいです。年齢を重ねても美しくありたいと思う女性を、「宝石(BIJOUX)」のように輝くお手伝いをしていきたいと思います。

☆メッセージ☆

私もストレートに今の生活があるわけではなく、いろいろ悲しい体験もしたり、何度もくじけそうにもなりました。ここまで来られたのも周りの友達、良き先輩、両親、夫の協力があってこそです。目標は達成するためにあるのだから、一度切りの人生、自分のやりたいことは絶対やったほうがいいと思います。応援します。頑張ってください。


取材日:平成17年10月29日

BIJOUX SARON&COFFEE  http://www.bijoux-cafebijoux.com/

バックナンバー

古屋さんのこれまで

高校卒業後、銀行に勤務。5年経った頃、これからの自分を考え、「自立したい」と銀行を退職し、美容師学校へ入学。

勉強と練習を重ね美容師となり、県内の美容室に勤務する。1997年の夏、パリコレのヘアスタイリスト募集を知り選考会に挑戦。難関を突破し、パリコレのヘアアーティスト ジュリアンディスのアシスタントに選ばれる。

その後、独立して、2001年に美容室「Bijoux」をオープン。予約が3か月先まで入るほど 人気の店となる。1999年に結婚した夫が併設のカフェを経営し、トータルの癒しの場を提供。「Bijoux」とはフランス語で「宝石」の意。

古屋ゆり子さん3
古屋ゆり子さん2
古屋ゆり子さん4
古屋ゆり子さん5