トップ > しごと・産業 > 商工業 > 科学技術・研究開発 > 研究成果 > 新しい肉質のモモの多様な流通・販売に向けた加工・貯蔵方法の開発

更新日:2021年10月5日

ここから本文です。

新しい肉質のモモの多様な流通・販売に向けた加工・貯蔵方法の開発

研究課題名 新しい肉質のモモの多様な流通・販売に向けた加工・貯蔵方法の開発(31-3)
研究代表者(所属) 秋山友了、山下路子(山梨県果樹試験場)
共同研究者(所属)

新谷勝広、桐原崚、手塚誉裕、加藤治、國友義博、桐原崚(山梨県果樹試験場)
木村英生、樋口かよ、尾形美貴、長沼孝多(山梨県産業技術センター)

担当CD 外川高雄、船久保太一
研究期間 平成31年度~令和3年度(2019年度~2021年度) 3か年
研究概要 山梨県果樹試験場では平成31年にモモ新品種「甲斐トウ果17」を品種登録した。本品種は、軟化しにくく、カットしても果肉がほとんど褐変しない、といった特性を有する新しい肉質のモモであるが、その詳細な特性や、既存品種との明確な比較に関する資料はほとんどない。そこで、本研究では果肉の褐変特性に着目し、新しい肉質のモモで果肉褐変程度が少なくなる機構の解明を行う。また、加工試験として、新しい肉質のモモの加工適正を評価し、生果を活かしたカットフルーツやその他加工品への加工方法を開発する。さらに、新しい肉質のモモが生果や加工原料として、普通モモよりどの程度品質を保てるか把握し、この肉質のモモに合った保存方法の開発を行う。
研究計画説明書


説明書(PDF:235KB)概念図(ポンチ絵)(PDF:237KB)

研究結果説明書(中間)


説明書(PDF:192KB)概念図(ポンチ絵)(PDF:237KB)

研究結果説明書(終了)


説明書  概念図(ポンチ絵)

研究成果概要

R1研究成果概要(PDF:157KB)  R2研究成果概要(PDF:187KB)  R3研究成果概要

評価報告書

事前評価報告書(PDF:85KB)
中間評価報告書(PDF:101KB) 
事後評価報告書

研修成果報告書 研究成果報告書
研究報告書・関連報告

令和元年度山梨県産業技術センター 研究成果速報

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部総合理工学研究機構 
住所:〒400-0055 甲府市大津町2094
電話番号:055(243)6046   ファクス番号:055(243)6047

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について