トップ > しごと・産業 > 商工業 > 科学技術・研究開発 > 研究成果 > 肉用鶏におけるLED単波長照射と飼料調整による生産性向上技術の開発

更新日:2021年7月30日

ここから本文です。

肉用鶏におけるLED単波長照射と飼料調整による生産性向上技術の開発

研究課題名 肉用鶏におけるLED単波長照射と飼料調整による生産性向上技術の開発(30-2)
研究代表者(所属) 齋藤那美香、藤村洋子、菊池敬子、松下浩一(山梨県畜産酪農技術センター養鶏科)
共同研究者(所属)

太田能之、中尾暢宏、白石純一(日本獣医生命科学大学)
印南輝久、溝江有里子(パナソニック)

担当CD 外川高雄、船久保太一
研究期間 平成30年度~令和2年度(2018年度~2020年度) 3か年
研究概要 鶏は光に対する感受性が高く、発育や性成熟に大きな影響を及ぼす。採卵鶏に対し特定の波長を照射することで産卵の抑制や産卵時間の調整方法を明らかにした(H29.3特許取得)。ブロイラーにおいては、ヒナの増体に優れることを明らかにした(H27~29、重点化研究)。そこで、ブロイラーの初育性をより向上させるために、給与飼料と単波長照射の効果について検討する。
・分岐鎖アミノ酸(ロイシン、イソロイシン)との併用効果の検討
・ビタミンDとの併用効果の検討
・実用化を考慮した最適照度の検討
・農家レベルでの検証
・肉質重視の甲州地どり・甲州頬落鶏での検討
研究計画説明書 説明書(PDF:386KB)概念図(ポンチ絵)(PDF:719KB)
研究結果説明書(中間) 説明書(PDF:161KB)概念図(ポンチ絵)(PDF:719KB)
研究結果説明書(終了) 説明書(PDF:109KB)  概念図(ポンチ絵)(PDF:202KB)
研究成果概要

H30研究成果概要(PDF:179KB)R1研究成果概要(PDF:199KB) 
R2研究成果概要(PDF:358KB)

評価報告書

事前評価報告書(PDF:92KB)中間評価報告書(PDF:100KB) 
事後評価報告書(PDF:67KB)

研究成果報告書 研究成果報告書
研究報告書・関連報告

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部総合理工学研究機構 
住所:〒400-0055 甲府市大津町2094
電話番号:055(243)6046   ファクス番号:055(243)6047

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について