トップ > しごと・産業 > 商工業 > 科学技術・研究開発 > 研究成果 > 県産小麦「ゆめかおり」の栽培技術の確立と利用に関する研究

更新日:2020年4月30日

ここから本文です。

県産小麦「ゆめかおり」の栽培技術の確立と利用に関する研究

研究課題名 県産小麦「ゆめかおり」の栽培技術の確立と利用に関する研究 (27-4)
研究代表者(所属) 上野直也(山梨県総合農業技術センター)
共同研究者(所属)

加藤知美(山梨県総合農業技術センター)
橋本卓也、木村英生(山梨県工業技術センター)

研究期間 平成27年度~29年度(2015年度~2017年度) 3か年
研究概要 硬質小麦品種「ゆめかおり」は、県内おける栽培適性が確認されたことから平成25年度に奨励品種として指定された。現在、峡北地域を中心に生産が拡大しているが、栽培の安定化に課題がある。また、パン加工適性があることから商品の試作が行われているが、供給原料の均一化や県内で検索された富士山酵母を用いた商品開発、さらには製麺業者からは麺類に利用できるブレンド原料の開発が望まれている。そこで、本研究では「ゆめかおり」の均一な生産物を供給するための栽培技術を確立するとともに、新たなパン用および麺用ブレンド原料とこれを利用した製品の開発を行い、県産小麦製品の高品質化並びに需要拡大につなげることを目的とする。
研究計画説明書 説明書(PDF:161KB)概念図(ポンチ絵)
研究結果説明書(中間) 説明書(PDF:172KB)概念図(ポンチ絵)
研究結果説明書(終了)

説明書(PDF:241KB)概念図(ポンチ絵)(PDF:668KB)

研究成果概要

H27研究成果概要(PDF:384KB)H28研究成果概要(PDF:634KB)H29研究成果概要(PDF:509KB)

評価報告書

事前評価報告書(PDF:83KB)中間評価報告書(PDF:84KB)事後評価報告書(PDF:82KB)

研究報告書・関連報告 平成27年度山梨県総合農業技術センター成果情報
平成27年度山梨県工業技術センター研究報告(第30号)
平成27年度山梨県工業技術センター研究成果速報
平成28年度山梨県工業技術センター研究報告(第31号)(要旨)
平成28年度山梨県工業技術センター研究成果速報
○平成29年度山梨県総合農業技術センター成果情報
硬質小麦「ゆめかおり」の収量および子実タンパク質含有率を安定させる施肥体系
硬質小麦「ゆめかおり」の収量を確保するための茎立期追肥診断基準
高冷地における硬質小麦「ゆめかおり」の播種時期は11月上旬から中旬である
平成29年度山梨県産業技術センター研究成果速報           

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部総合理工学研究機構 
住所:〒400-0055 甲府市大津町2094
電話番号:055(243)6046   ファクス番号:055(243)6047

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について