トップ > 組織から探す > 環境・エネルギー部 > 環境整備課 > 令和元年度マイクロプラスチック河川調査

更新日:2021年5月26日

ここから本文です。

令和元年度マイクロプラスチック河川調査

県内河川を対象に、河川水中のマイクロプラスチックの調査と河川敷のごみの散乱状況・組成調査を実施することで、河川ごみ等の実態把握を行うことを目的とした。

調査方法

1.河川マイクロプラスチック調査
2.河川敷における河川ごみの散乱状況調査
3.河川敷における河川ごみの組成調査

調査河川

山梨県内の富士川水系(富士川(釜無川)、笛吹川)、桂川水系(桂川(相模川))及び多摩川水系(丹波川)の3水系の4河川とした。

調査地点は、各河川の上流~下流において、1河川につき1~3地点選定した計8地点の流心とした。詳細は以下のとおり。

マイクロプラスチック河川調査地点一覧

               調査地点一覧

マイクロプラスチック調査地点(広域)

           調査地点一覧(広域) ※地理院地図を基に作成

 マイクロプラスチックの種類別捕集個数

マイクロプラスチックの種類別捕集個数とろ水量を以下のとおり示す。

捕集個数は、全検体を通して地点間の差が大きかった。種類別の組成をみると、「プラスチック(発泡スチロール)、糸くず状のプラスチック以外のもの)」が優占し、全体比で89%の組成比であった。次いで「糸くず」「発泡スチロール」が出現し、平均組成比はそれぞれ13%、11%であった。

マイクロプラスチック種類別捕集個数

          マイクロプラスチックの種類別捕集個数

マイクロプラスチックの種類別個数密度

マイクロプラスチックの種類別個数密度を以下のとおり示し、水系毎にまとめた。

1.富士川水系(釜無川・笛吹川・富士川)

マイクロプラスチックの個数密度は、笛吹川の桃林橋で高く、それ以外の調査地点で低い傾向にあった。

2.桂川水系(桂川)

マイクロプラスチックの個数密度は、大橋と桂川橋のいずれも、1回目と2回目の出現個数の差が大きかった。

3.多摩川水系(丹波川)

マイクロプラスチックの個数密度は、全8地点の中で最も少ない数値であった。

マイクロプラスチック種類別個数密度 

          マイクロプラスチックの種類別個数密度

マイクロプラスチック個数密度図

          マイクロプラスチックの種類別個数密度(表)

マイクロプラスチック材質別個数密度

マイクロプラスチックの材質別個数密度を以下のとおり示し、水系毎にまとめた。

1.富士川水系(釜無川・笛吹川・富士川)

材質別個数密度は、ポリプロピレン(PP)とポリエチレン(PE)が多く、両者を合わせておよそ8割を占めていた。次いで、桃林橋ではポリスチレン(PS)が多くみられた。

2.桂川水系(桂川)

材質別個数密度は、富士川水系と同様にポリプロピレン(PP)とポリエチレン(PE)が多く、組成比でみると、両者を合わせておよそ8割を占めていた。

3.多摩川水系(丹波川)

1回目と2回目で出現した材質が異なり、1回目はナイロン(PA)とポリプロピレン・ポリエチレン化合物(PP・PE)であり、2回目はポリエチレン(PE)であった。

 マイクロプラスチック材質別密度

           マイクロプラスチックの材質別個数密度

マイクロプラスチック材質別密度図

         マイクロプラスチックの材質別個数密度(表)

 令和元年度マイクロプラスチック河川調査報告書

令和元年度マイクロプラスチック河川調査報告書(概要版)(PDF:1,521KB)

    ☝調査結果の概要を知りたい方はこちら

令和元年度マイクロプラスチック河川調査報告書(完全版)(PDF:2,492KB)

    ☝調査について詳細を知りたい方はこちら

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県環境・エネルギー部環境整備課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1515   ファクス番号:055(223)1507

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について