更新日:2020年7月13日

ここから本文です。

山梨県ノーレジ袋推進連絡協議会

 「山梨県におけるマイバッグ等の持参促進及びレジ袋削減に関する協定」の締結について

山梨県ノーレジ袋推進連絡協議会(会長:金子栄廣山梨大学大学院教授)は、地球温暖化の防止と循環型社会の構築に向けた環境に配慮した活動を推進し、次世代によりよい環境を引き継ぐことを目指して、マイバッグ等の持参を促進し、レジ袋削減を推進するために、「山梨県におけるマイバッグ等の持参促進及びレジ袋削減に関する協定」を締結しています。

協定参加事業者は、目標(年間マイバッグ持参率)を設定し、レジ袋の無料配布を中止するなどの取り組みを実施します。

山梨県ノーレジ袋推進連絡協議会は、レジ袋の無料配布中止などによるレジ袋削減の効果を公表することにより、この取り組みの更なる拡大を目指します。

協定に参加した各団体等は、事業者の取り組みを支援するともに、マイバッグ等の持参を積極的に呼びかけていきます。

 協定書

協定は、28事業者1組合と次の団体等の間で締結(令和2年3月31日現在)

  • 市民団体(9)
  1. あしたの山梨を創る生活運動協会
  2. JA山梨女性部協議会
  3. 山梨県消費者団体連絡協議会
  4. 山梨県消費生活研究会連絡協議会
  5. 山梨県女性団体協議会
  6. 山梨県生活学校連絡会
  7. 山梨県生活協同組合連合会
  8. 山梨県生活研究グループ連絡協議会
  9. 山梨県連合婦人会
  • 商工団体(3)
    1. 甲府商工会議所
    2. 富士吉田商工会議所
    3. 山梨県商工会連合会
  • 店舗所在地の市町村
  • 山梨県
  • 山梨県ノーレジ袋推進連絡協議会

協定参加事業者

28事業者1組合314店舗が参加(令和2年3月31日現在)

第1回協定(平成20年6月10日締結)から参加13事業者五十音順

第2回協定(平成20年11月6日締結)から参加3事業者五十音順

 

第3回協定(平成21年5月26日締結)から参加9事業者五十音順

第4回協定(平成22年9月1日締結)から参加1事業者

第5回協定(平成23年2月27日締結)から参加1事業者

第6回協定(平成23年6月7日締結)から参加2事業者五十音順

協定締結式を開催しました(平成23年6月7日)

協定締結式写真1

 協定締結式写真2

第7回協定(平成28年2月12日締結)から参加1事業者

1株式会社バローホールディングス(PDF:829KB)

追加:株式会社バローホールディングス(PDF:934KB)

第8回協定(平成28年6月3日締結)から参加1事業者

1イオンリテールストア株式会社(PDF:878KB)

 山梨県ノーレジ袋推進協力会員参加事業者

 

山梨県ノーレジ袋推進協力会員は、地球温暖化の防止と循環型社会の構築に向けた環境に配慮した活動を推進し、次世代によりよい環境を引き継ぐことを目指して宣言をし、山梨県ノーレジ袋推進連絡協議会の事業の円滑な実施に協力して、レジ袋の削減に取り組むことを目的とします。

6事業者534店舗が参加(平成31年3月31日現在)

  • 株式会社クスリのサンロード:24店舗(平成28年6月28日宣言)宣言書(PDF:346KB)
  • 株式会社サンドラッグ:15店舗(平成28年6月29日宣言)宣言書(PDF:342KB)
  • 株式会社カインズ:3店舗(平成28年7月13日宣言)宣言書(PDF:344KB)
  • 一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会(山梨県のみ):461店舗(平成28年7月27日宣言)宣言書(PDF:384KB)
    ※協会店舗内訳(平成31年3月末現在)
    (株)セブン-イレブン・ジャパン210店舗、(株)ファミリーマート80店舗、
    山崎製パン(株)デイリーヤマザキ事業総括本部35店舗、(株)ローソン136店舗
  • 株式会社Jマート:7店舗(平成28年12月14日宣言)宣言書(PDF:342KB)
  • 株式会社ツルハ:24店舗(平成30年1月31日宣言)宣言書(PDF:342KB)

 山梨県ノーレジ袋推進連絡協議会が「平成20年度容器包装3R推進環境大臣賞」の「地域の連携・協働部門奨励賞」を受賞しました

1.容器包装3R推進環境大臣賞について

(1)目的

容器包装廃棄物の3R(発生抑制:Reduce、再使用:Reuse、再生利用:Recycle)の推進に資する優れた取組を行っている市民団体、NPO、学校、地方公共団体、事業者などに対して、環境大臣賞を授与することを通じて3R推進の奨励を図るとともに、優れた取組を広く紹介することにより3R推進の普及を図り、もって循環型社会の構築を推進することを目的としています。

(2)内容

「地域の連携・協働部門」、「小売店部門」及び「製品部門」の3部門を設け、部門ごとに、容器包装廃棄物の3Rに関する「最優秀賞」(各1団体)、「優秀賞」(各1団体)及び「奨励賞」(各1~3団体)が授与されます。

2.「地域の連携・協働部門奨励賞」を受賞しました

(1)取組名

ノーレジ袋の推進

(2)取組概要

同協議会は平成19年8月31日に発足、レジ袋削減の意識啓発活動を実施。
レジ袋削減のためには、レジ袋の無料配布を中止(有料化)することが最も効果的であるとの判断から、県内全域でのレジ袋無料配布中止を目指して参加事業者を公募し、平成20年6月に、当協議会、事業者、市民団体、商工団体、市町村、県による協定を締結した。
協定参加者全体でのマイバッグ等持参率は83.7%(20年7月現在)、レジ袋の削減を通じた容器包装廃棄物のリデュースに大きな成果を上げた。

(3)受賞理由

レジ袋の無料配布中止を推進するため、同協議会が中心となり、事業者、市民団体に加え、県と市町村が協定締結に参加して、全県的な取組を行った初の事例として高く評価する。
他の地方自治体でも同様の取組を実施するなど、波及効果も大きい。今後、同様の取組が全国に広がることを期待する。
協定を締結する事業者の一部はレジ袋の全廃や使用済みレジ袋の回収を行うなど、様々な取組を展開している。

詳細については環境省の報道資料をご覧ください。

3.授与式の開催

平成21年2月6日(金曜日)に山梨県庁において、授与式が開催され、環境省関東地方事務所から表彰状が授与されました。

容器包装3R包装環境大臣賞奨励賞授与 容器包装3R包装環境大臣賞奨励賞授与集合 容器包装3R包装環境大臣賞奨励賞表彰状

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県森林環境部環境・エネルギー課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1502   ファクス番号:055(223)1781

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について