トップ > 組織から探す > エネルギー政策課 > 太陽光発電施設の適正導入ガイドライン

更新日:2020年3月30日

ここから本文です。

「太陽光発電施設の適正導入ガイドライン」の新訂について

 県では、平成27年11月から「太陽光発電施設の適正導入ガイドライン」により、10kW以上(屋根置きを除く)の事業用太陽光発電事業者の皆様に、太陽光発電施設の適正導入をお願いしています。

 県内では、太陽光発電施設の設置による災害、環境破壊、景観阻害等に対し、県民が不安を抱き、地域とトラブルになるケースが未だにあります。また、FIT制度で義務付けられている柵塀及び標識の設置については、50kW未満の低圧施設を中心に不適切な施設もあります。一方で、台風などの気象災害が増える中、太陽光発電施設は地域の非常用電源として活用されることが期待されており、FIT制度では、認定基準に自家消費要件や地域活用要件などが設定されるなどの方向性も示されています。
このような状況を背景に、事業者の皆様に改めて、地域と共生した安全な施設の設置、適切な維持管理や撤去・処分をお願いするため、「太陽光発電施設の適正導入ガイドライン」を新訂しました。事業計画から、設計・施工、維持管理、撤去・処分の各段階において、事業者が遵守すべき事項、配慮すべき事項等を充実させた内容となっています。

 事業者の皆様には、本ガイドラインの内容をご確認いただき、太陽光発電施設の適正導入にご理解、ご協力をお願いいたします。

 

 太陽光発電施設の適正導入ガイドライン(本文)(R2.3新訂版)

 表紙・目次・総則(PDF:2,985KB)

 計画編(PDF:2,009KB)

 設計・施工編(PDF:2,468KB)

 維持管理編(PDF:1,668KB)

 撤去処分編(PDF:1,232KB)

太陽光発電施設の適正導入ガイドライン(資料集)(R2.3新訂版)(PDF:4,156KB)

 

 「太陽光発電施設の適正導入ガイドライン」では各種様式の提出をお願いしています。

 ガイドラインでは、山梨県内で太陽光発電事業を始めようとする事業者の皆様に、各種様式の提出をお願いしています。各種様式に必要事項を記入の上、市町村の担当窓口へ2部提出をお願いします。提出された後は、市と県のほか、関係する地域住民で情報共有させていただきます。また、県が主催する太陽光発電に関するセミナー等へのご案内や台風発生などの際のお知らせにも使わせていただきます。

提出先市町村担当窓口 (PDF:94KB)

(様式1)事業概要書

太陽光発電施設の設置場所が分かる書類(位置図、平面図、立面図)を添付してください。

事業概要書(ワード:52KB)

(様式2)事業内容変更・事業廃止届

事業概要書の提出後に事業計画を変更する場合や事業をやめる場合に提出してください。

事業内容変更・事業廃止届(ワード:48KB)

(様式3)工事完了・運転開始届

工事が完了し、運転開始をした場合に提出してください。

工事完了・運転開始届(ワード:54KB)

(様式4)事故・被災状況報告書

発電施設に事故が起きた場合や発電施設が被災した場合及び近隣住民へ影響を及ぼした場合に提出してください。

写真等の状況が確認できる書類を添付してください。

事故・被災状況報告書(ワード:33KB)

チェックリストを活用してください。

本ガイドラインの内容に沿った事業となっているかを確認するため、チェックリストをご活用ください。

チェックリスト(エクセル:98KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県森林環境部環境・エネルギー課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1502   ファクス番号:055(223)1781

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について