ここから本文です。

電気課

お知らせ

平成29年度優良地方公営企業総務大臣表彰の受賞について

平成29年度優良地方公営企業総務大臣表彰について(PDF:95KB)

 

「やまなしパワー」の供給に係る調査について(集計状況の概要)

「やまなしパワー」適用企業(団体)への調査について、集計状況の概要を公表いたします。

「やまなしパワー」アンケート調査について(平成29年12月)(PDF:281KB)

 

問い合わせ先

企業局電気課「やまなしパワー」受付担当 055-234-5270

 

米倉山における新たな蓄電システムの実証試験開始について

平成28年11月25日より、山梨県及びエクセルギー・パワー・システムズ株式会社は米倉山実証試験用太陽光発電所の電力を利用した蓄電システム「改良型ニッケル水素蓄電システム」の実証試験を開始します。

米倉山における新たな蓄電システムの実証試験開始について(PDF:838KB)

「ゆめソーラー館やまなし」における最新型の純水素燃料電池の導入について

「ゆめソーラー館やまなし」にて純水素型燃料電池を1台から3台に増設し、効率的な運転制御や信頼性の検証等を行う実証試験を開始しました。

「ゆめソーラー館やまなし」における最新型の純水素燃料電池の導入について(PDF:148KB)

 

CO2フリーの水素エネルギー社会構築を目指したP2Gシステム技術開発について

山梨県は、東レ株式会社、東京電力ホールディングス株式会社及び株式会社東光高岳と共同で、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業として、「P2Gシステム技術開発」の基礎検討を進めて参りましたが、今般、NEDOによるステージゲート審査を通過し、システム技術開発に移行することが決定しました。

 

CO2フリーの水素エネルギー社会構築を目指したP2Gシステム技術開発について(PDF:147KB)

 

CO2フリーの水素エネルギー社会実現に向けたP2Gシステム技術開発及び実証研究に関する協定の締結式について

山梨県、東レ株式会社、東京電力ホールディングス及び東光高岳は、相互に連携し、CO2フリーの水素エネルギー社会実現に向けたP2G(PowertoGas)システムの技術開発及び実証研究を推進するため協定を締結しました。

 

CO2フリーの水素エネルギー社会実現に向けたP2Gシステムの技術開発及び実証研究に関する協定の締結について(PDF:524KB)

建設工事情報

 

掲載日

内容

平成28年9月15日

【入札公告資料等】米倉山太陽光発電所PR施設CLT材利用屋外休憩施設建設工事

平成28年10月27日

【随意契約結果】米倉山太陽光発電所PR施設CLT材利用屋外休憩施設建設工事(PDF:86KB)

 

電力供給ブランド「やまなしパワー」の供給先の募集について

山梨県と東京電力エナジーパートナー株式会社(平成28年4月1日付でホールディングカンパニー制へ移行した東京電力株式会社から運営を継承)は、電力供給ブランド「やまなしパワー」を共同で運営することとし、高圧(標準電圧6,000ボルト)受電の企業等を対象に、東京電力の標準的な電気料金から減額した価格で電力を供給します。

つきましては、「やまなしパワー」の供給先を募集しますので、募集要項にもとづき、手続をお願いします。

 

既存企業の募集(平成28年度~平成30年度)は終了していますが、新規立地企業・経営拡大企業については、引き続き募集しています。

 

大城川発電所及び朝穂堰浅尾発電所発電電力の売却の入札結果について

大城川発電所及び朝穂堰浅尾発電所発電電力の売却について、落札者が決定しました。

大城川発電所及び朝穂堰浅尾発電所発電電力売電入札結果(PDF:92KB)

超電導等を用いた電力貯蔵技術の研究

1.次世代フライホイール蓄電システム実証試験施設の完成について(平成27年9月3日発表)

次世代フライホイール蓄電システム実証試験施設の完成(PDF:499KB)

2.超電導を用いた電力貯蔵技術開発の国庫補助事業への採択について(平成24年8月3日発表)

次世代フライホイール蓄電システムの開発(PDF:120KB)

3.超電導等を用いた電力貯蔵技術の研究の推進に関する協定の締結(PDF:353KB)について(平成23年6月6日発表)

 

 

次世代フライホイール蓄電システムとは→「次世代フライホイール蓄電システム」パンフレット

再生可能エネルギー安定利用推進事業に係る電力貯蔵技術研究サイトの利用提案募集の結果について

再生可能エネルギー安定利用推進事業に係る電力貯蔵技術研究サイトの利用提案について募集を行いました。

採択者が決定したため、次のとおり結果を公表します。

  1. 電力貯蔵技術研究サイトの利用提案募集の結果について(PDF:67KB)
  2. 電力貯蔵技術研究サイトの利用提案審査員(PDF:49KB)

企業局が開催するイベントについて

これまでのイベント実施状況等はこちら→イベント実施状況

やまなし小水力ファスト10

固定価格買取制度を活用し、「やまなし小水力発電推進マップ」に掲載されている地点を中心に、平成25年度から10年間で10か所程度の小水力発電所を、集中的に開発することを目指しています。なお、工夫しながら迅速に開発を進めていくことから、名称については「ファスト10」としました。

第1地点として、かんがい用水路の未利用エネルギーを有効活用した朝穂堰浅尾発電所(PDF:800KB)が平成27年4月1日に運転を開始しました。

第2地点として、砂防堰堤からの落差エネルギーを有効活用した重川発電所(PDF:732KB)が平成29年6月1日に運転を開始しました。

小水力発電所モデル施設について

大城川発電所(PDF:820KB)が平成26年9月1日に運転を開始しました。本県の豊かな水資源を活用した小水力発電を積極的に推進するため、タイプの異なる発電所(深城発電所(PDF:1,020KB)塩川第二発電所(PDF:875KB)若彦トンネル湧水発電所(PDF:747KB))を4箇所建設する「小水力発電モデル施設」の建設が完成しました。

米倉山実証試験用太陽光発電所について

超電導技術を活用した「次世代フライホイール蓄電システムの開発」等に係る実証試験を実施するための米倉山実証試験用太陽光発電所が平成26年8月6日に運転を開始しました。

米倉山太陽光発電所について

1.米倉山太陽光発電所が平成26年1月27日に運転開始2周年を迎えました。

2.米倉山太陽光発電所が平成25年1月27日に運転開始1周年を迎えました。

3.米倉山太陽光発電所が平成24年1月27日に運転開始しました。

発電実績について

「発電実績」を「平成29年11月分」に更新しました。

小水力発電開発支援室について

平成25年4月1日からエネルギー局の設置に伴い「小水力発電開発支援室」の業務は移管されております。

更新履歴

更新履歴一覧

業務分掌・所属一覧

担当 分掌事項

経営管理担当

電話055-223-5389

FAX055-223-5393

  • 電気事業の業務運営に関すること
  • 電気事業に係る企画及び調査に関すること
  • 電気事業に係る許可、認可及び免許の申請に関すること
  • 電気料金の算定に関すること
  • 電気事業に係る補償に関すること
  • 電気の供給に関すること
  • その他電気事業に関すること

研究開発担当

電話055-223-5390

FAX055-223-5393

 

  • 電気事業に係る建設に関すること
  • 新規発電事業等の計画、調査に関すること
  • 新エネルギー開発調査及び建設に関すること
  • 小水力発電開発支援室に関すること
  • その他電気事業に関すること

技術管理担当

電話055-223-5390

FAX055-223-5393

  • 電気事業の技術管理に関すること
  • 電気の供給に関すること
  • 電気事業の安全管理検査等に関すること
  • 電気事業の設計積算及び施工管理の基準に関すること
  • その他電気事業に関すること

担当ページリスト

 

 経営管理担当

 研究開発担当

 技術管理担当

 

 

メニュー

 

  • リンク(関連ホームページ)

企業局

企業局総務課

県営発電総合制御所(クリーンエネルギーセンター)

早川水系発電管理事務所

笛吹川水系発電管理事務所

石和温泉管理事務所

 

電気課E-mail

周辺地図

accessmap

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県企業局電気課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)5389   ファクス番号:055(223)5393

広告スペース

広告掲載について