トップ > 組織案内 > 山梨県産業技術センター > 山梨県産業技術センタープロポーザル > 山梨県産業技術センタープロポーザルR0111_2

ページID:92145更新日:2019年11月1日

ここから本文です。

産業技術センタープロポーザル

【山梨県産業技術センタープロポーザル】

産業技術センターをより活用していただくため、センターの研究や設備などをわかりやすく紹介します。

TOPIC:【設備紹介】くぼみの面積から硬さを判断する装置ー自動フォーカス微小硬さ試験機の紹介ー

■JKAの補助事業

山梨県産業技術センターは、公益財団法人JKAから、2019年度公設工業試験研究所等の設備拡充補助事業による補助金(競輪の補助金)の交付を受け、設備の拡充等を行いました。
今回は、その2機種「蛍光エックス線膜厚計」「自動フォーカス微小硬さ試験機」のうち「自動フォーカス微小硬さ試験機」についてご紹介いたします。

JKArogo

■自動フォーカス微小硬さ試験機とは

自動フォーカス微小硬さ試験機は、ダイヤモンドの圧子を被試験物に対して一定の試験力で押込み、そのときにできるくぼみ(圧痕)の面積から硬さを判断する装置です。
本装置は、試料台を左右(X)方向、奥行(Y)方向に数マイクロメートルの精度で正確に移動させ、極微小荷重を付加することが可能なため、薄膜層や表面硬化層の断面硬さを測定することができます。また、あらかじめ用意したプログラムにより、試料ステージが自動で移動することで、試料表面および断面の硬さ分布を容易に測定することが可能です。

jidoufokasubisyoukatasa

☆自動フォーカス微小硬さ試験機HM-220D:(株)ミツトヨ

■機器の特徴

圧痕の読み取りにおいては、自動フォーカス機能および自動読み取り機能により、測定者による個体差を抑制することが可能となります。さらに試験力も2000gfの高荷重から0.05gfの低荷重まで用意され、あらゆる材料への測定が可能となります。特に0.05gfの低荷重の適用により、極薄膜の評価が可能となり、県内企業からのニーズに対応できます。

■類似機器との比較

類似した装置としては、ロックウェル硬さ試験機やブリネル硬さ試験機、ビッカース硬さ試験機があります。これらの特徴としては、試験力にキログラム単位の高荷重を付加するもので、表面層の測定というよりは、材料全体の硬さを測定する装置になります。従って、極表面層および硬さ分布を測定することは不可能です。また、もう一つの類似装置として微小押し込み硬さ試験機がありますが、数ナノメートルレベルの深さを読み取りますので、サンプル形状は薄く、表面状態は鏡面な状態であることが必須となり、大きな制約を余儀なくされます。

■機器の用途

本機器の導入により、主に県内の機械電子関連の製造業者や、成長産業分野(クリーンエネルギー、スマートデバイス、生産機器システム、医療機器)に参入を果たした製造業者、参入を目指す製造業者などが、つぎの測定を実施することが可能です。
[1]自動車部品等に用いられる焼き入れ硬化層の表面硬さ測定
[2]歯車部品の刃先部分での断面硬さ分布測定
[3]めっき部品等の極表面薄膜層および表面硬化層の測定
[4]マイクロ部品の表面微小領域硬さ測定


■今後の展開

現有機器(ビッカース硬さ試験機、ロックウェル硬さ試験機、ブリネル硬さ試験機、微小押し込み硬さ試験機)では、対応困難であった試験が可能となります。本機器については、県内企業からの要望が多く、特に成長産業分野に参入した企業を中心に、測定の相談が数多く寄せられています。本機器はこれらのニーズに対応できます。さらに、成長産業分野(クリーンエネルギー、スマートデバイス、生産機器システム、医療機器)への活用拡大も期待されます。

jidoufokasubisyoukatasaissiki


■担当からひと言

企業の皆様には積極的にご活用いただきたいと思います。機器の詳細については、工業材料科までお問い合わせ下さい。

工業材料科

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県産業労働部産業技術センター 
住所:〒400-0055 甲府市大津町2094
電話番号:055(243)6111   ファクス番号:055(243)6110

同じカテゴリから探す

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを見た人はこんなページも見ています

県の取り組み

pagetop