更新日:2021年9月8日

ここから本文です。

オシロスコープ

r02_oscilloscope

 「広帯域オシロスコープ」は、広帯域(20GHz以上)を持つリアルタイムオシロスコープで、超高速なアナログ信号、デジタル信号の直接観測が可能です。GHz以上の超高周波信号を扱う機器の電気信号を直接観測可能であるため、IoT製品の開発・設計を行う様々な業種の企業に対して支援が可能です。

「USBコンプライアンステストシステム」は、USB2.0、USB3.2(Gen1×1(5Gbps))のコンプライアンステストの一部(Tx試験)を実施するシステムです。USB2.0、3.2などの規格で動作する機器の信号品質を確かめる事ができ、IoT機器の開発に活用が見込まれます。ケーブルなどのUSB規格にて信号を伝送させる製品の開発にも活用が見込まれます。(基本的に「広帯域オシロスコープ」と同時に使用します。)

機種名

TELEDYNE LECROY

LabMaster 10-20Zi-A

仕様

アナログ入力チャンネル 4ch
周波数帯域幅 4ch 接続時に20GHz
メモリ長 256Mポイント
サンプリング速度 80GS/s
垂直軸分解能 8bit

設備使用料

1,890円/1時間(広帯域オシロスコープ)

1,110円/1時間(USBコンプライアンステストシステム)

担当

電子応用科

このページに関するお問い合わせ先

山梨県産業労働部産業技術センター 
住所:〒400-0055 甲府市大津町2094
電話番号:055(243)6111   ファクス番号:055(243)6110

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について