更新日:2019年1月16日

ここから本文です。

第4回ヴァンフォーレ甲府経営委員会

第4回経営委員会の状況

2001年8月20日(月曜日)、山梨県庁会議室において、第4回「ヴァンフォーレ甲府経営委員会」が開催され、6名の委員全員と(株)ヴァンフォーレ山梨スポーツクラブから、海野社長、輿水常務、今泉統括本部長の3名が出席しました。

 

委員会において、海野社長から「経営状況の推移と平成13年度収支見込み」として、収入231,300,000円に対し、支出は230,800,000円で、500,000円の黒字が見込まれること、今年度の3目標について、クラブサポーター会員数が5,571人、広告料収入が50社、5,400万円(8月17日現在)、入場者数が平均3,097人(ホーム第14戦終了)であることが報告されました。また、山梨県から、甲府市および韮崎市と共同で実施した6月16日のホーム第7戦(対横浜FC)観客調査結果が、山日YBSグループより、6月から8月までの新聞・テレビ・ラジオの広告出稿状況が、それぞれ報告されました。

 

また、協議事項では、ホームゲーム平均入場者数3,000人の達成については、9月28日の対横浜FC戦までの数字を考慮することとされました。更に、来季のチーム構想、資金計画についても今後の審議資料としていくため、(株)ヴァンフォーレ山梨スポーツクラブに対し、次回経営委員会に資料を提出するよう要請しました。

 

次回は、9月中旬までに開催することとし、その際VFサポーターの代表者からの意見を聞くことも確認しました。

 

なお、存続の是非については、次回経営委員会での審議の後、10月初旬までに開催する主要株主会議で判断される予定です。

 

ヴァンフオーレ甲府の現状について(平成13年8月20日)

1.三条件について

  • (A)ホームゲーム平均入場者数(27節対鳥栖戦まで) 3097人
    他チームの平均入場者数
    • (1)ベガルタ仙台 13499人
    • (2)アルビレックス新潟 10800人
    • (3)大分トリニータ 6231人
    • (4)湘南ベルマーレ 4504人
    • (5)川崎フロンターレ 4446人
    • (6)大宮アルデイージャ 4121人
    • (7)横浜FC 3381人
    • (8)京都パープルサンガ 3113人
    • (9)ヴァンフオーレ甲府 3097人
    • (10)モンテイデイオ山形 2981人
    • (11)サガン鳥栖 2804人
    • (12)水戸ホーリーホツク 1565人
  • (B)広告料収入 50社 5400万円(8月17日現在)
  • (C)クラブサポーター会員 5571人(8月17日現在)

2.チーム強化・入場者対策など

  • (A)チーム強化策
    • J1清水エスパルスからのレンタル補強 谷川烈選手 DF
    • 中途セレクションでの補強
      水越潤選手 DF/MF 元アルビレックス新潟
      影山由高選手 MF 関東リーグ・東邦チタニウム
  • (B)入場者対策
    • 割引回数券の販売促進
    • 小学生無料招待の実施
    • 存続を求める会、VFの会などのサポーター団体との連携
      スタンプラリー
      チラシ配布(甲府、長野、松本、諏訪など)
  • (C)その他
    • 地域イベントへの参加、地域のまつり、サッカー教室、養護学校・福祉施設の訪問

3.戦績(8月15日現在での比較)

  • 1999年 4勝3分14敗
  • 2000年 1勝1分24敗
  • 2001年 3勝1分22敗

このページに関するお問い合わせ先

山梨県スポーツ振興局スポーツ振興課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1780   ファクス番号:055(223)1786

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について