更新日:2019年1月16日

ここから本文です。

第16回ヴァンフォーレ甲府経営委員会

第16回経営委員会の状況

2005年12月27日(火曜日)、山梨県庁会議室において、第16回「ヴァンフォーレ甲府経営委員会」が開催され、6名の委員全員と(株)ヴァンフォーレ山梨スポーツクラブから、海野社長、佐藤営業本部長、今泉統括本部長の3名が出席しました。

 

委員会において、海野社長から「今期のチーム成績」として、(1)19勝12分13敗の勝点69でJ2リーグ3位となったこと、(2)J1・J2入れ替え戦でJ1・16位の柏レイソルと対戦、2戦2勝し、悲願のJ1昇格を決めたこと、(3)平均観客動員数は、目標の6,200人に対して、6,931人と昨年(6,370人)を上回ったこと、(4)クラブサポーター会員については、目標の6,400人に対して、5,771人と伸び悩んだこと。

 

「今期の決算見通し」については、(1)営業収入は前年比3.0%増の6億円と順調に伸びていること、(2)営業費用は前年比2.7%増の5億6,302万円となる見込みであること、(3)今季の収支は営業利益が3,698万円程度、経常利益が3,398万円程度となり、5季連続の黒字となる見込みであること、(4)経営危機となった2000年には約1億1,500万円あった債務超過が、今期末には約6,500万円まで減少する見通しであること。

 

「来期運営」については、(1)クラブサポーター会員やチケット料金を値上げせざるを得ないが、他クラブに比べ低額に抑えたこと、(2)現在、J1クラブの平均運営費は約29億円、最小でも約18億円であるが、クラブとしては、約10億円の予算で運営を行う予定であること。

 

また、J1クラブとして、経営体質の強化を図る必要があるため、民間企業からの増資や一般県民からの募金等を検討していくことなどが報告されました。

 

これに対し、出席した委員から、(1)引き続き、地域に密着した経営方針で運営していくためには、県民による支援の拡大が必要であること、(2)J1昇格後も、主要株主がしっかりとクラブを支えていくことなどが確認されました。

 

最後に県から、小瀬陸上競技場の改修については、工事は順調に進んでおり、3月中旬には全ての工事が完了することにより、17,000人の収容が可能となることが報告されました。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県スポーツ振興局スポーツ振興課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1780   ファクス番号:055(223)1786

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について