更新日:2019年1月16日

ここから本文です。

第1回ヴァンフォーレ甲府経営委員会

第1回経営委員会の状況

2000年2月23日、山梨県庁会議室において、第1回「ヴァンフォーレ甲府経営委員会」が開催され、6名の委員全員と(株)ヴァンフォーレ山梨スポーツクラブから、海野社長、深澤会長、輿水常務、今泉統括本部長の4名が出席しました。

 

委員会において、海野社長から「ヴァンフォーレ甲府の経営状況と今後の見通しについて」の報告があり、ユニフォームスポンサーが3社決定したこと及び2001年度予算に関連して、ブラジル人監督選手等の契約等により、主要株主が設定した3つの目標をクリアしても、更に3千8百万円程度の欠損が出る見通しが明らかにされました。

 

各委員から、「主要株主による広報活動、要請活動等の状況」の報告があった後、協議に入り、ホーム開幕戦の5000人動員計画について、各委員から、観戦・応援計画の説明、会社側から川淵チェアマンの観戦予定と開幕戦のイベント企画の説明がなされました。

 

なお、第2回委員会は、3月17日のホーム開幕戦終了後、第3回は、4月のナビスコカップ一回戦終了後に開催することが決定されました。

 

VFKの経営状況と今後の見通しについて
平成13年2月23日(株)ヴァンフォーレ山梨スポーツクラブ

ヴァンフォーレ甲府が昨年暮に県に追加支援を要請した段階で2000年度の決算見込みを2億5,629万円の支出に対し、収入は1億8,854万円で 欠損金は6,775万円、累積赤字は4億3,000万円と発表されました。

 

就任以来、内容をチェックしてきました結果、支出2億4,294万円、収入1億8,513万円で、欠損金は5,780万円が最終的な見込みです。

 

累積赤字は4億4,780万円になります。

 

資本金が3億3,500万円ですから、債務超過は1億1,280万円となります。

 

今年度の予算、計画につきましては、我々が派遣される前に決定しておりまして、特にチームを強化するという名目で前社長は、ブラジル監督、コーチ、選手三人と契約しておりました。チームが勝たなければという気持ちは分かりますが、この契約を詳細に調べますと、基本報酬は少額ですが、勝利給とか、仲に入った人へのプレミアムとか、滞在に関する付帯の諸経費がかなりかさむことになります。

 

さらに、選手の人件費も「基本給を20%ダウンした」とはいうものの、 寮、食費の貸与という新たな条件で契約してあるためダウンどころか、逆に人件費は前年比大幅UPとなり、諸々の安易な契約は、今年度の経営に大きな負担となりそうです。

 

この結果、2月にスタートしている新年度の予算は前年度の2億 4,295万円に対し、110%の2億6,700万円程度になりそうで、主要株主四者の申し合わせの「2億円程度の運営」は程遠く、経営再建の基本とも言える経費削減が逆の形でスタートせざるを得ない状況です。

 

これに対して収入は、主要株主が目標としている三つの条件、つまり

  • (1)サポーター会員 5,000人(前年度実績2,698人、185%
  • (2)平均入場者数 3,000人( 〃 1,850人、162%)
  • (3)広告料収入 5,000万円( 〃 2,698万円、185%)

をクリアして、さらに存続を求める会からの1,000万円の寄付金を加えても、2億2,900万円の見込みで、3,818万円の新たな欠損金が出することになります。

 

経営再建にスタートしたばかりの時に、「高い目標をクリアしたとしても、さらに赤字が増える」というような見通しをお話することは誠に残念ですが、経営状況をガラス張りにして欲しいという委員会からのお話があったので、率直にお話した次第です。

 

こうした中で我々といたしましては、運営費をいかに削減するか、そしてスポンサー、サポーター、入場者の三本柱の収入増に全力を挙げるしかありません。

 

特に、スポンサー対策につきましては、商工団体、各種組合組織、県、 市、山日YBSグループ営業関係者等の協力の中で、応援を求めていきたい。

 

既に胸や袖のスポンサーも決まりました。目標突破を狙いたい。

 

問題は、サポーターと入場者収入であります。

 

2月22日現在 1,921人のサポーターが集まりました。

 

新聞やTV、ラジオを通じての協力要請、またサッカー関係者を中心とする奮闘をお願いするなど、あらゆる手を打っていくつもりです。

 

主要株主による広報活動、要請活動等の状況について(平成13年2月23日)

山日YBSグループ

  1. 山梨日日新聞
    • 開幕前日(3月9日)、8ページにわたる開幕特集号を発行。
    • スポーツ面で、キャンプリポート、イレブンの素顔を連載中。
  2. 山梨放送(ラジオ)
    • ホーム開幕戦(3月17日)対湘南ベルマーレ戦の生中継
    • ホーム戦(6月16日)対横浜FC戦の生中継
    • スポット放送による応援(2月22日から)
  3. 山梨放送(テレビ)
    • ホーム戦(4月14日)対水戸ホーリーホック戦の生中継
    • ホーム戦(5月3日)対サガン鳥栖戦の録画中継
    • スポット放送による応援(2月24日から)
    • 観客動員のため、ホーム開幕戦(3月17日)でのプレゼント企画

山梨県

  1. 広報活動
    • 広報誌(ふれあい3月号3月4日発行)において特集記事掲載
    • ホームページ「がんばれヴァンフォーレ甲府」において経営委員会のページ開設し、試合日程等の掲示、応援掲示板を設定
    • 庁舎等へのポスターの掲示
    • 県民情報プラザ内「ヴァンフォーレ甲府コーナー」設置
    • 全庁掲示板に試合日程、観戦依頼を掲載
  2. 支援要請活動
    • 経済団体(商工会議所連合会、商工会連合会、中小企業団体中央会、JA中央会ほか4連合会、建設業協会等)への支援要請
    • 山梨県人会(東京・大阪)への支援要請
  3. その他
    • 小瀬競技場使用料減免の検討
    • VFグッズ、チケットの利用依頼
    • 職員へのクラブサポーター加入促進
    • ホーム開幕戦およびナビスコカップ観戦の働きかけ

甲府市

  1. 広報活動
    • 広報誌(こうふ3月号)においてPR等掲載
    • 庁内へのホームゲーム日程等「案内板」設置
    • 庁舎ロビーへの「ヴァンフォーレ甲府コーナー」設置
    • 駅、商店街、庁舎等への設置のため、のぼり旗1,000本を作成、
      その他、懸垂幕、横断幕の設置も検討
  2. 支援要請活動
    • 自治会、各種団体への働きかけ(会議開催時に会員募集の用紙配布)
    • 商工会議所等を通じ、支援企業の紹介
    • ホームタウン連絡会議で(2月16日開催)支援を要請
  3. その他
    • 職員へのクラブサポーター加入促進
    • ホーム開幕戦およびナビスコカップ観戦の働きかけ
    • ホームゲームの冠事業(甲府市デイ)の実施(特産品のプレゼント等)

韮崎市

  1. 広報活動
    • 広報誌(にらさき3月号)においてPR等掲載
    • ホームページでのPR等掲載を検討中
    • 庁舎等へのぼり旗の設置を検討
  2. 支援要請活動
    • 自治会、各種団体への働きかけ(会議開催時に会員募集の用紙配布)
    • 商工会議所等を通じ、支援企業の紹介
  3. その他 ・職員へのクラブサポーター加入促進
    • ホーム開幕戦およびナビスコカップ観戦の働きかけ
    • ホームゲームの冠事業(韮崎デイ)の実施(特産品のプレゼント等)

その他

  1. NHKテレビ
    • ホーム開幕戦(3月17日)対湘南ベルマーレ戦の生中継
    • ホーム戦(6月16日)対横浜FC戦の生中継

このページに関するお問い合わせ先

山梨県スポーツ振興局スポーツ振興課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1780   ファクス番号:055(223)1786

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について