トップ > くらし・防災 > 市民活動・交流 > ヴァンフォーレ甲府 > がんばれヴァンフォーレ甲府 > VFK経営危機(?ヴァンフォーレ甲府、激動の1年を振り返って?)

更新日:2019年1月16日

ここから本文です。

VFK経営危機(~ヴァンフォーレ甲府、激動の1年を振り返って~)

ヴァンフォーレ甲府の激動のシーズンが終了しました。

 

戦績は8勝2分34敗、決して満足出来る内容ではありませんでした。

 

それでも、J1昇格を決めたベガルタ仙台に3-0で快勝したり、今季J1から降格した川崎フロンターレには2勝1分1敗と勝ち越すなど、頑張りも見せてくれました。

 

吾妻選手は、半月板を損傷しながら「自分はヴァンフォーレに拾われた、だから、存続が決まるまで手術はしない」と言って腫れた足でゴールを守り続けました。

 

今季の平均観客動員数は3,130人、クラブサポーター数5,588人、いずれも目標をクリア-し昨季を大幅に上回りました。

 

寒風の中、存続の署名を集めた人、1,000万円を超えるカンパを集めた人、運営ボランティアとして、キップのもぎりやゴミ拾いに参画した人、旗を縫い合わせビックフラッグを作った人、ヴァンフォーレどらやきを販売した人、小学生を無料招待した人、選手を食事に招待した人、etc。

 

そしてなにより、小瀬に足を運んで応援を続けた人、この1年、ヴァンフォーレには沢山のドラマが生まれ、感動が生まれました。

 

みんなで支えたから存続出来た。そのことを共に喜びたいと思います。

 

平松知事は、「大分トリニータはわが県の特産品」だと言っています。

 

アルビレックス新潟の今季のホーム最多観客動員数は、4万2千人を超えました。

 

長野県民が応援するヴァンフォーレ甲府応援サイト、というホームページがあります。

 

ここには、ヴァンフォーレに寄附するための5円玉募金とか、来季松本でヴァンフォーレ甲府の試合を開催するための署名活動など、様々な企画が見られます。

 

県外からもヴァンフォーレを応援しよう、というホームページには、「甲府が弱いのは事実、しかし、ヴァンフォーレには、サッカーの原点、スポーツの原点、人生の原点がある」と記されておれます。

 

ヴァンフォーレ甲府の前身は甲府クラブ、東京オリンピックの翌年1965年に誕生した伝統あるクラブチームです。

 

日本のプロサッカーチームは、J1、J2併せて28チーム、19の都道府県にしか存在しません。

 

長野にも群馬にも栃木にも無いものが山梨にはあるのです。

 

2週間に一度、3,000人を超える人が小瀬に集い、一つのボールを追い続ける。

 

喜び、哀しみ、怒り、楽しみ、夢、感動、誇り、そこには日常生活では得難い様々な感情があります。

 

来年開催されるワールドカップの予選には、世界198の国や地域が参加しました。
サッカーは、地球上で最も愛され、親しまれているスポーツです。

 

来年もまた、小瀬でプロのサッカーの試合が見られること、ヴァンフォーレ甲府を応援出来ることを楽しみにしています。

 

しかし、再来年の約束は出来ていません。

 

メインスポンサーのいないヴァンフォーレは、県民一人ひとりが支えるしかないのです。

 

今年もまた、クラブサポーターへの加入を切にお願いします。

 

平成13年12月

山梨県企画部企画課

このページに関するお問い合わせ先

山梨県スポーツ振興局スポーツ振興課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1780   ファクス番号:055(223)1786

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について