更新日:2019年4月3日

ここから本文です。

山梨県口腔の健康づくり推進計画

生涯にわたり健やかで心豊かな生活を送るために口腔の健康は欠かせません。

口腔の健康は、乳幼児期及び学齢期に健全な口腔の発育を獲得するとともに成人期以降において適切な歯科疾患の予防や口腔の機能の維持を図ることによって保持することが可能となります。

県では、県民一人ひとりの生涯にわたる口腔の健康づくりを推進することにより、口腔の健康に関する格差の縮小を図り、すべての県民が心身ともに健やかで心豊かな生活ができる社会の実現を目指すため、口腔の健康づくりの推進に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、本県の実状を踏まえた「山梨県口腔の健康づくり推進計画」を策定しました。

計画の期間

平成26年度から平成34年度までの9年間

計画の方向性

歯科疾患の予防

生活の質の向上に向けた口腔機能の維持・向上

定期的に歯科検診又は歯科医療を受けることが困難な者への歯科口腔保健対策

口腔の健康づくりに必要な推進体制の整備

山梨県口腔の健康づくり推進計画の概要と本編

○山梨県口腔の健康づくり推進計画概要(PDF:111KB)

○山梨県口腔の健康づくり推進計画(PDF:326KB)

中間評価を行いました!

計画の中間年度にあたり、「山梨県口腔の健康づくり推進協議会」において、目標達成状況や取組状況の中間評価を行いました。今回、【中間評価報告書】がまとめられたので、公表します。(平成31年3月27日)

中間評価報告書・概要

山梨県口腔の健康づくり推進計画【中間評価報告書】(PDF:1,057KB)

山梨県口腔の健康づくり推進計画【概要】(PDF:236KB)

内容

山梨県民の口腔の状況は、歯周疾患を除いて概ね改善傾向にありますが、ライフステージごとに課題が残っています。
・23の個別目標のうち、15項目(65%)が計画策定時より改善し、4項目(17%)で悪化しています。
・自分の歯が60歳で24歯(6024)、80歳で20歯(8020)を有する者の目標は達成しました。
・乳幼児期・学童期のむし歯数は減少していますが、多数歯むし歯の子供がいる等、二極化しています。
・成人期の歯肉炎・歯周病は悪化しています。
・残存歯数は増加していますが、咀嚼良好者(何でも噛める人)は変化していません。

オープンデータ

クリエイティブ・コモンズ表示4.0国際ライセンス 山梨県口腔の健康づくりの推進計画 概要(PDF:64KB)

山梨県口腔の健康づくりの推進計画:概要

クリエイティブ・コモンズ表示4.0国際ライセンス 山梨県口腔の健康づくりの推進計画 本編(PDF:64KB)

山梨県口腔の健康づくりの推進計画:本編

クリエイティブ・コモンズ表示4.0国際ライセンス 中間評価報告書・概要(PDF:64KB)

山梨県口腔の健康づくり推進計画【概要】

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部健康増進課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1493   ファクス番号:055(223)1499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について