ここから本文です。

生産科

生産科では、森林から得られる資源の利用、森林病虫害の回避法に関する研究など、森林の持つ機能を発揮させるため研究を行っています。具体的には、以下をご覧下さい。

  • 現在実施中の研究課題
    • 希少植物等の遺伝資源の増殖・保存技術の確立(H26-30)
    • 短木を利用したきのこ省力化栽培技術の確立 (H28-30)
    • さし木によるカラマツ苗の増殖技術の開発(H30-33)
    • 低コスト更新技術の開発に関する研究(H30-33)
    • 山梨県産カラマツ構造材の強度特性に関する研究ー地域別のカラマツの林分構造と材質特性の解明ー(重点化、H29-30)
    • 薬用植物の種苗生産方法の確立に関する研究(総理研、H29-31)
    • 竹林を利用したきのこ栽培技術に関する研究(ダイナミックやまなし枠、H30-32)
    • 松くい虫発生予察事業(S61-)
    • カシノナガキクイムシ生息状況モニタリング(H24-) 
    • カラマツ種苗の安定供給のための技術開発(革新的技術開発・緊急展開事業、H28-30)
    • 高級菌根性きのこ栽培技術の開発(革新的技術開発・緊急展開事業、H29-31) 
  • 病虫害発生速報
  • 種苗林木育種事業:産地系統が明らかで優良な造林用種苗を安定的に供給するため、優良な採取源の整備、品種の改良・育種、種子の生産、種苗の需給調整指導を行っています。当研究所においては、採取園の管理、改良、精英樹クローンの管理、次代検定林の調査、松くい虫抵抗性マツ品種苗の育成、花粉の少ないスギ・ヒノキ品種苗の育成等に取り組んでいます。 
  • これまでの成果によるパンフレット等

  Part02(対策)(PDF:4,806KB)

 希少植物等の遺伝資源の増殖・保存技術の確立

本県に固有な希少植物種、観光資源として有用な種等について、バイテク技術を用いて、効率的なクローン個体等の増殖・保存技術の開発を行っています。

ミヤマハナシノブ

写真 試験管中で保存中のミヤマハナシノブ

 きのこ鑑定会 

平成30年度の日程は、8月ごろにお知らせします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県森林環境部森林総合研究所 
住所:〒400-0502 南巨摩郡富士川町最勝寺2290-1
電話番号:0556(22)8001   ファクス番号:0556(22)8002

広告スペース

広告掲載について