トップ > 県政情報・統計 > 知事 > 前進!やまなし こんにちは。知事の長崎です。 > 知事の動き > 子どもが安全・安心であたたかい家庭で育つ社会の実現を目指す~日本財団と「家庭養育推進自治体モデル事業に関する協定」を締結~

更新日:2021年3月24日

ここから本文です。

子どもが安全・安心であたたかい家庭で育つ社会の実現を目指す~日本財団と「家庭養育推進自治体モデル事業に関する協定」を締結~

知事画像210324_32

知事画像210324_31

令和3年3月24日(水曜日)午後1時~ 防災新館401会議室(県庁)

日本財団と山梨県は、里親委託等の家庭養育の推進や、親子支援や親子分離防止等に取り組み、子どもが安全・安心であたたかい家庭で育つ社会の実現を目指すため、「家庭養育推進自治体モデル事業に関する協定」を締結することとし、本日、その協定式が執り行われました。協定式には長崎知事と日本財団の尾形武寿理事長が出席されて、協定書にそれぞれ署名しました。締結後、長崎知事は「山梨県は、すべての子どもたちに幸せな人生を送っていただき、すべての子どもたちの可能性を100%引き出してあげるよう取り組んでいます。あたたかい家庭の下で愛着関係を築いていけることが子どもたちの将来にとって何よりも重要であると思います。本事業によりすべての子どもたちが笑顔にあふれ、希望をもって暮らすことができる山梨の実現に向けて取り組んで参ります」と挨拶しました。

山梨県ロゴマーク