トップ > まちづくり・環境 > 道路 > 道路情報 > メロディーポイント(県道富士河口湖富士線)

ここから本文です。

メロディーポイント(県道富士河口湖富士線)

メロディーポイントとは

メロディーポイントとは、道路の表面に横方向溝を設置することで、車両が通過する際のタイヤと舗装との間に発生する走行音によりメロディーを奏でる場所のことです。

山梨県では県道富士河口湖富士線「ふじの山」のメロディーが聞こえてくるメロディーポイントを設置しました。山梨県内では初めての試みとなります。

どこで聴けるの?

路線 : 県道富士河口湖富士線

場所 : 南都留郡富士河口湖町船津地内(登り線・下り線各線350m間)

  • 登り線は国道139号スバル立体交差点より富士山方面へ約2kmの地点
  • 下り線は富士スバルライン料金所下の胎内洞窟入口交差点より国道139号方面へ約2.5kmの地点

 ※詳細は別添位置図を参照して下さい。 → メロディーポイント位置図(PDF:556KB)

hatibunonpu_1 

 

 

路面に八分音符、標識「この先富士山メロディーポイント♪50kmで走行すると富士山メロディーが流れます♪」が見えたら間もなくです。 

 

室内のオーディオの音量を下げ、走行音に耳を傾けましょう。

 

 

 

 

 

tonkigou_1 

 

 路面のト音記号、標識「富士山メロディーポイント♪はじまり♪」を通過したらメロディーが流れ始めます。

 

登り線:あ~たまをくもの~ ・・・♪ 

 下り線:か~みなりさまを~・・・♪

 

 

 

 

どんなメロディー?

奏でるメロディーは富士山の麓と富士山を結ぶ道路ですので、もちろん「ふじの山」です。

メロディーは、登り線、下り線それぞれの車線で約20秒間(時速50kmの場合)聴くことができます。

 

  • 登り線 第1章節から第2章節(約20秒)

 (前半) ♪あたまをくもの うえにだし しほうのやまを みおろして~♪

  • 下り線 第3章節から第4章節(約20秒)

 (後半) ♪かみなりさまを したにきく ふじは にっぽんいちのやま♪

 

時速50kmで走行すると最もキレイなメロディーを聴くことができます。

なお、大型バス等、エンジン音の大きな車両では聞こえない可能性があります。

 どうして道路からメロディーが聞こえるの?

道路表面に横方向溝を音程により決められた等間隔で設置することで、車両が通過する際のタイヤと舗装との間に発生する走行音が、メロディーを奏でます。

路面には下の写真のような溝が掘ってあります。溝と溝との間隔によって音階の発生や音域を、溝の深さによって音量の強弱を調整しています。 (右は溝を拡大した写真です。)

romen_mizo romen_mizo3

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県土整備部富士・東部建設事務所吉田支所 担当:道路課道路維持担当
住所:〒403-0005 富士吉田市上吉田一丁目2-5富士吉田合同庁舎 3 階
電話番号:0555(24)9087   ファクス番号:0555(24)9052

広告スペース

広告掲載について