トップ > 緊急・災害情報 > 東日本大震災に関連する情報 > 原子力発電所事故による本県への影響について

ここから本文です。

更新日:2016年10月7日

原子力発電所事故による本県への影響について 

放射性物質検査結果に係る表示方法の変更について

山梨県では、平成23年3月の東日本大震災に伴う原子力発電所事故による本県への影響を把握し、その結果を県民の皆さまにお知らせするため、平成23年度から県産農畜水産物や特用林産物等を、また、平成24年度からは流通食品や給食食材等の検査を行ってきました。

検査項目としては、放射性セシウムと放射性ヨウ素を測定し、放射性セシウムについてはセシウム134(半減期約2年)とセシウム137(半減期約30年)を合計した値でこれまで公表してきました。

こうした中、最近、「半減期の異なる放射性セシウム134とセシウム137それぞれの検査結果を教えてほしい」とのご要望を県民の方々からいただいたことや、半減期の短い放射性ヨウ素(半減期約8日)については、東日本大震災に伴う原子力発電所事故由来の検出が考えられなくなったことから、平成24年12月1日以降、以下の表示方法に変更いたします。

御理解のほど、よろしくお願いいたします。

放射性セシウム

セシウム134とセシウム137それぞれの検査結果を表示します。

放射性ヨウ素

半減期が短く(約8日)、現在では東日本大震災に伴う原子力発電所事故由来の検出が考えられなくなったことから、検査結果一覧表中の表記を行わないこととします。

県からのお知らせ 

環境放射能の状況 

ページの先頭へ戻る

流通食品の放射性物質検査 

検査結果

 

ページの先頭へ戻る

学校給食モニタリング検査 

検査結果

検査計画

 

ページの先頭へ戻る

給食食材の放射性物質検査 

検査結果

検査計画

 

ページの先頭へ戻る

県産農産物の放射性物質検査 

検査結果

果樹類

野菜類

穀類

肉・乳類

その他

検査計画

ページの先頭へ戻る

特用林産物の放射性物質検査 

検査結果

検査計画

ページの先頭へ戻る

県産きのこ原木及び菌床用培地の放射性物質検査 

  • 県産きのこ原木及び菌床用培地の放射性物質検査は、平成24年度をもって終了しました。

ページの先頭へ戻る

県内野生獣肉の放射性物質検査 

検査結果

検査計画

ページの先頭へ戻る

 加工食品(酒類等)中の放射性物質検査

 

ページの先頭へ戻る

水道水の放射能の状況 

ページの先頭へ戻る

下水道汚泥中の放射性物質の調査 

 

ページの先頭へ戻る

産業廃棄物焼却施設等での放射性物質調査 

 

ページの先頭へ戻る

放射性物質を含む稲わらを与えた可能性のある牛の肉に関する情報 

高濃度の放射性セシウムに汚染された稲わらを与えた牛の個体識別号に関する情報

ページの先頭へ戻る

稲わらの放射能検査 

ページの先頭へ戻る

高濃度放射性セシウムが含まれる可能性のある堆肥等に関する情報 

堆肥等の施用をする皆さんへ

ページの先頭へ戻る

問い合わせ先 

問い合わせ内容

問い合わせ先

電話番号

広域調査の概要に関すること

055-223-1432

環境放射線の測定に関すること

055-223-1510

放射線による健康影響に関する一般的なこと

健康増進課:055-223-1497

各保健所健康支援課

水道水に関すること

衛生薬務課生活衛生担当:055-223-1488

各保健所衛生課

食品に関すること

衛生薬務課食品衛生・動物愛護担当:055-223-1489

各保健所衛生課

ページの先頭へ戻る

ここまで本文です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県防災局防災危機管理課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1432   ファックス番号:055(223)1429

  • 緊急・災害情報
  • やまなし防災ポータル

山梨の魅力

  • イベントカレンダー
  • 広報(広報誌・広報番組・発表資料)
  • よくあるお問い合わせ
  • 各種お問い合わせ

広告スペース

広告掲載について