トップ > しごと・産業 > 農業・水産業 > 農業振興 > 農薬・肥料情報 > 培土中の放射性セシウム測定のための検査方法、土壌改良資材中の放射性セシウム測定の扱いについて

更新日:2012年3月14日

ここから本文です。

培土中の放射性セシウム測定のための検査方法、土壌改良資材中の放射性セシウム測定の扱いについて

平成23年8月31日、農林水産省から、培土・土壌改良資材中の放射性セシウムの測定について、暫定許容値との適合性を判断するための検査方法、測定の扱いが示されました。

農林水産省からの通知の概要は、以下のとおりです。(詳細は通知を参照してください)

 

検査対象、検査主体

1培土

空間放射線量率が平常時の範囲(小数点以下第2位を四捨五入して0.1μSv/h以下となる範囲)を超えたことがある17都県

  • 本県は検査対象地域に含まれています。各製造業者による検査をお願いします。

  • 自己の栽培のために原料を購入・採取して生産した培土を施用する耕種農家は、400Bq/kgの確認は必要ですので県に相談してください。

2土壌改良資材

空間放射線量率が平常時の範囲(小数点以下第2位を四捨五入して0.1μSv/h以下となる範囲)を超えたことがある17都県においては、新たに生産・出荷及び施用することをできる限り控えること(ただし、樹皮を除去した木材チップ・パウダーを出荷・施用する場合を除く)。

  • 培土の材料や落ち葉、雑草、樹皮、剪定枝、木材チップ・パウダー等の有機質資材を購入し使用する場合は、販売者に安全性を確認してください。
  • 県内の山野等で自ら確保した培土の材料や有機質資材の利用については、県に相談してください。
  • 稲わら、もみがらの利用については、県内産のものは問題ないと考えていますが国から扱いに関する指示が今後出されるため、方針が固まるまで暫く控えてください。

 

稲わら・もみがらの取り扱い

木炭・木酢液の扱い

リンク先

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部農業技術課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1618   ファクス番号:055(223)1622

山梨県森林環境部林業振興課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1653   ファクス番号:055(223)1679

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について