トップ > 広報(広報誌・広報番組・発表資料) > 平成23年度の発表資料 > 産業廃棄物への放射性物質混入可能性の先行調査について

発表日:2011年8月22日

ここから本文です。

発表資料

産業廃棄物への放射性物質混入可能性の先行調査について

概要・経緯等

6月末、東京都の一般廃棄物焼却施設の飛灰から8,000Bq/kgを超える放射性セシウムが検出されたことにより、環境省から、本県を含む東北地方及び関東地方等の関係都県に対し、「産業廃棄物への放射性物質混入可能性の先行調査」として、産業廃棄物焼却施設の焼却灰中の放射性物質のサンプル調査を実施するよう要請がありました。
これを受け、平成23年7月30日に、県内の産業廃棄物焼却施設における焼却灰の放射性セシウム濃度を測定しました。

内容

対象施設
産業廃棄物の焼却施設(廃掃法施行令第7条)4施設

○測定対象
飛灰及び主灰に含まれる放射線セシウム濃度(セシウム134、セシウム137)

○測定結果
調査結果は次のとおりであり、調査したすべての施設について、国が示す管理型最終処分場への埋立処分が可能な基準(8,000Bq/kg)を下回りました。

調査結果(単位Bq/kg)

・施設番号 (施設の種類)
検体種類 セシウム134 セシウム137 合計


・1 (廃プラスチック類の焼却施設)
飛灰 955 1,050 2,005
主灰 52 65 117

・2 (廃プラスチック類の焼却施設)
飛灰 59 58 117
主灰 11 不検出 11

・3 (木くず等の焼却施設)
飛灰 805 989 1,794
主灰 48 88 136

・4 (木くず等の焼却施設)
飛灰 54 96 150
主灰 不検出 不検出 不検出



(備考)
・飛灰:排ガス中に含まれるダストを集じん器で捕集したもの。ばいじん。
・主灰:焼却炉の底から排出される灰。燃えがら。
・今回の調査は、4種類の焼却施設(汚泥・廃油・廃プラスチック・産業廃棄物(木くず等))が対象です。しかし、同一の炉で複数の種類の区分に跨る場合には、焼却している廃棄物の割合により、主たる種類として区分しています。
・本県では、焼却の実績から2種類の施設調査対象となります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県森林環境部環境整備課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1515   ファクス番号:055(223)1507

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について