トップ > 組織から探す > 世界遺産富士山課 > 世界遺産富士山のあらまし

ここから本文です。

世界遺産富士山のあらまし

世界遺産としての富士山

富士山は、平成25年6月、世界遺産として登録されました。それは富士山が、雄大さ、気高さ、美しさなどを基盤とし、信仰や芸術を生み出した山として、世界にふたつとない価値を持っているからです。

構成資産の紹介

世界遺産富士山の顕著な普遍的価値

世界遺産登録のための評価基準

富士山が世界遺産(文化遺産)に登録されるのは、富士山の持つ「信仰の対象」と「芸術の源泉」を中心とした文化的価値が、世界遺産委員会が定める「世界遺産条約履行のための作業指針」に規定された評価基準に適合しているからです。評価基準は全部で10あり、富士山には下記の基準が適合しています。

【富士山に適合する評価基準】

(評価基準3.)

現存するか消滅しているかにかかわらず、ある文化的伝統又は文明の存在を伝承する物証として無二の存在(少なくとも希有な存在)である。

(評価基準6.)

顕著な普遍的意義を有する出来事(行事)、生きた伝統、思想、信仰、芸術的作品、あるいは文学的作品と直接または実質的関連がある。(この基準は他の基準とあわせて用いられることが望ましい)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部世界遺産富士山課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1330   ファクス番号:055(223)1781

広告スペース

広告掲載について