トップ > 組織から探す > 福祉保健部 > 障害福祉課 > 「障害者週間」について

更新日:2021年1月19日

ここから本文です。

「障害者週間」について

国は、平成16年6月に障害者基本法を改正し、国民の間に広く障害者の福祉についての関心と理解を深めるとともに、障害者が社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めることを目的として、12月3日から12月9日までの1週間を「障害者週間」と定めました。

障害者週間行事一覧

障害者週間の行事は次のとおりです。

  • 第31回「障害者の主張」大会
  • 「障害者週間」普及・啓発キャンペーン

第31回「障害者の主張」大会

広く県民が、障害のある人の日頃の思いを知り、障害や障害のある人への理解を深め、障害のある人とない人が共に幸せに暮らすことができる「共生社会」の構築に向けた意識を高めることを目的として、障害者週間(12月3日~9日)において開催しているものです。今年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、主張の様子を撮影したものを県YouTubeチャンネルにて公開しておりますので是非ご覧ください。(リンク山梨県障害者福祉協会HP

第31回「障害者の主張」大会

第31回「障害者の主張」大会

  • 開催日時:令和2年12月9日(水曜日)午後1時30分から午後3時
  • 開催場所:山梨県防災新館オープンスクエア
「山梨チャンネル」動画リンク

1.吉田沙緒里「涙を流した分だけ」


2.田川椰々「見える、見えない」


3.木内孝明「障害者差別解消法・「自助」「共助」「公助」とは何か」


4.関根ふじゑ「わたしの人生色々」

 

5.梶原悠汰「障害と向き合い、生きていく」


6.「第31回障害者の主張大会」審査結果・山梨県「心のバリアフリーを広げるポスターと標語」受賞作品紹介

 

心のバリアフリーを進めよう!広げよう!へのリンク

「障害者週間」普及・啓発キャンペーン

例年、障害者団体と支援団体を含めた関連団体で構成する「山梨県障害者福祉ふれあい会議」の参加者が、障害者週間の開始に合わせ、障害のある人とない人が、互いを尊重し理解して共に生きることのできる「共生社会」の構築に向けた県民意識を高めるため、啓発用リーフレット等を配布しておりますが、令和2年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から実施しておりません。

(令和2年12月3日現在)

「障害者週間」普及・啓発キャンペーン(甲府駅前)

  • 日時:令和元年12月3日(火曜日)午前7時40分から午前8時30分
  • 場所:甲府駅南口及び北口

キャンペーン(甲府駅)

 

「障害者週間」普及・啓発キャンペーン(イオンモール甲府昭和)

  • 日時:令和元年12月3日(火曜日)午前10時50分から正午
  • 場所:イオンモール甲府昭和

キャンペーン(イオン)

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部障害福祉課 担当:企画推進担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1460   ファクス番号:055(223)1464

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について