トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックスNo.0246菖蒲池遺跡

更新日:2017年6月16日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.246菖蒲池遺跡-弥生時代のお墓-

甲府市の遺跡

(甲府城関連・曽根丘陵公園を除く)

  • 0016岩清水遺跡-古式須恵器-
  • 0042円楽寺-六角堂-
  • 0044円楽寺-六角堂石塔群
  • 0197円楽寺-行者堂と富士山-
  • 0061富士見一丁目遺跡-田んぼ-
  • 0361富士見一丁目遺跡-プラ箱-
  • 0086山梨の遺跡展2007特集-
  • 0087山梨の遺跡展2007特集-
  • 0140榎田遺跡-壷型土器-
  • 0205榎田遺跡-スプーン状土製品-
  • 0255榎田遺跡-装飾器台-
  • 0321榎田遺跡-甑-
  • 0152八幡神社遺跡-発掘調査速報-
  • 0162八幡神社遺跡-発掘調査速報2-
  • 0191八幡神社遺跡-整理調査速報-
  • 0207八幡神社遺跡-整理調査速報2-
  • 0223八幡神社遺跡-整理調査速報3-
  • 0185米倉山B遺跡-須恵器-
  • 0222米倉山B遺跡ー「貸泉」-
  • 0309米倉山B遺跡-二重口縁壺-
  • 0187上野原遺跡-古道‘中道往還’-
  • 0393上野原遺跡-水煙土器
  • 0238音羽遺跡-転用硯-
  • 0266音羽遺跡-磨製石鏃-
  • 0246菖蒲池遺跡-弥生時代のお墓-
  • 0021塩部遺跡-人形木製品-
  • 0268塩部遺跡-日本最古級のウマ-
  • 0381塩部遺跡-戦争遺跡-
  • 0383県指定史跡加牟那塚古墳
  • 0402大坪遺跡-調査速報-
  • 0411久保田・道々芽木遺跡-

菖蒲池遺跡(しょうぶいけ・いせき)の概要

上空から見た菖蒲池遺跡の発掘調査の状況の写真

  • 所在地甲府市下向山町字菖蒲池
  • 時代弥生時代中期初頭および古墳時代前期(2,000から1,700年前)
  • 調査機関山梨県埋蔵文化財センター
  • 報告書山梨県埋蔵文化財センター調査報告書第119集

菖蒲池遺跡第31号土坑とその出土土器

菖蒲池遺跡の第31号土坑

この写真は、菖蒲池遺跡の発掘調査で確認された第31号土坑の写真です。

この土坑は、長軸が1.62m、短軸が1.55mの円形に近い形をしていて、深さは28cmほどでありました。ここからは、土器21点のほかに、礫(れき)9点と黒曜石(こくようせき)片1点、石鏃(せきぞく)1点が発見されました。

発見された土器の中には、下の写真のようなものがありました。口縁部分は欠けていますが、丸い胴部より下は、ほぼ完形な状況で出土しています。こうした土器のあり方は、この土坑がどういう意味を持つものか、重要な手がかりを与えてくれています。結論的には、細かい土器の破片がいっぱい入ったこの土坑は、お墓だと考えられています。

では、なぜそういうことが言えるのでしょうか。

菖蒲池遺跡31号土坑から出土した土器

リン分析の結果

遺跡から発見される土坑はいろいろな種類があります。その多くは、形や出土する遺物のなどからで内容が異なります。菖蒲池遺跡の土坑も、まずは、出土した遺物で、時期や種類を判断しました。しかし、もっと、土坑を調べるため、自然科学分析の中の「リン分析」という方法をとりました。

菖蒲池遺跡では調査された6基の土坑でリン分析を行いました。そして、そのうちの3基から、通常の土に含まれるリン酸の量より、土坑の中のリン酸の量が多いという結果を得ました。このことから、リン酸が多く含まれていた土坑のなかには、人骨があった可能性がでてくるのです。

「リン酸」は、人骨に多く含まれる物質の一つで、土の中に染みこんでいきます。そこで、穴の中の土と、穴の外の土とを比べて数値に差がないか調べることで、人骨がそこにあったかどうかの推定ができるのです。

分析の結果、菖蒲池遺跡の31号土坑では、穴の中心の土と、丸い土器の中の土から、通常のリン濃度より、高い数値が検出されました。これによって、お墓の可能性が高いと判断されたのです。

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について